競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。




歴史的名牝の素質が開花する牝馬クラシック第一戦 「第75回 桜花賞」

歴史的名牝の素質が開花する牝馬クラシック第一戦 「第75回 桜花賞」

馬名プロファイル

第75回 桜花賞(GI)出走予定馬映像

予想

3連単BOX

⑥⑪⑮⑧⑨

3歳牝馬クラシック初戦となる桜花賞。桜の花が咲き誇るもとで乙女たちが覇を競うこの一戦は、数あるJRAのGI の中でも見る者に最も華やかな印象を与えている。阪神・外回りの芝1600mを舞台に毎年見応えあるレースが繰り広げられているが、今年の3歳牝馬は例年以上にハイレベル。デビューから無傷の3連勝で重賞勝ち馬へと駆け上がってきた3頭をはじめ、その他の面々も、いずれ劣らぬ素質馬が今回の大舞台に顔をそろえた。新たなスターホースが誕生しそうな今年の出走馬をチェックしていきたい。

昨年の優勝馬ハープスターに続き、今年も世界の舞台を意識させる馬が登場する。3戦3勝の無敗でGI の舞台に躍り出るマンハッタンカフェ産駒のルージュバック(牝3・大竹正博)がその馬で、スケールの大きさでは前年の覇者をしのぐ可能性すら感じさせる。前々走の500万下・百日草特別(東京・芝2000m)では、のちに京成杯を優勝するベルーフ(2着)に2馬身1/2差をつけたうえで、2歳コースレコードの2分00秒8をマークして優勝。3か月の休み明けで重賞に初挑戦した前走のきさらぎ賞でも、牡馬の強敵を相手に難なく完封して勝利を収めた。牝馬限定レースには目もくれず、適性の高い舞台に出走することを優先する姿勢に、陣営の自信の大きさを感じる。本レースをも通過点にするようなら、近い将来、世界の大舞台で走る姿が見られるかもしれない。

前述のルージュバックという大物がいるにもかかわらず、同馬が話題を独占とはならないところに今年のメンバーのレベルがいかに高いかが表れている。前走のフィリーズレビューを制したクイーンズリング(牝3・吉村圭司)も、3戦3勝の無敗の重賞勝ち馬で、父がマンハッタンカフェという点もルージュバックと同じ。前走は、マイナス20キロ(444キロ)という大幅な馬体減をものともせず、4コーナー13番手の位置から最後の直線で鋭い末脚を発揮して勝利。素質はかなり高そうだ。前走の阪神・芝の内回りコースから、今回、直線の長い外回りコースへ替わる点は歓迎材料。前の馬をまとめて交わして先頭ゴールを果たす可能性は十分にある。

キャットコイン(牝3・二ノ宮敬宇)も、重賞初挑戦となった前走のクイーンCを優勝し、デビューから無傷の3連勝を達成。勇躍、桜花賞に駒を進めてきた。ステイゴールド産駒らしい我の強さを持っていながらも、実戦ではしっかりと折り合えるのがこの馬のセールスポイントだ。前走後は放牧でレースの疲れを癒やし、3月20日に美浦トレーニング・センターへ帰厩。28日には早めに栗東へ移動して万全の態勢を整えている。本馬と同じ二ノ宮敬宇厩舎所属の2歳女王ショウナンアデラは、骨折が判明して桜花賞への出走を断念。その分まで頑張りたいところだ。

桜花賞のトライアルの中でも最も本番につながりやすいと言われるチューリップ賞を制したのは、関東馬のココロノアイ(牝3・尾関知人)。これで重賞の勝ち鞍は昨年のアルテミスSに続き2つ目。暮れには阪神ジュベナイルフィリーズでも3着に好走しており、実績という点では今回のメンバーに入っても上位と言える。本馬もキャットコインと同じステイゴールド産駒だが、こちらは気性の激しさを感じるタイプだけに、レース当日のテンションが鍵になる。落ち着いて走ることができれば、今回も好勝負を演じられるはずだ。

2011年のマルセリーナ、2012年のジェンティルドンナ、2013年のアユサン、2014年のハープスターと、ここ4年連続でディープインパクト産駒が桜花賞を制覇。今年も同産駒の素質馬たちが出走を予定している。そのうちの一頭、アンドリエッテ(牝3・牧田和弥)は、前走のチューリップ賞で、ディープインパクト産駒がそれほど得意ではないとされる力の要る馬場(重)を克服して2着に好走。本番への優先出走権を獲得した。直線で瞬発力を発揮して追い込むタイプで、今回、良馬場での出走がかなえば、逆転も十分に可能だろう。

前々走のオープン特別・紅梅S(京都・芝1400m)を優勝したディープインパクト産駒のコンテッサトゥーレ(牝3・安田隆行)は、前走のチューリップ賞で6着と敗退。雨が降る中で行われたレースで、パワーの要る馬場(重)が向かず能力を発揮しきれなかった可能性が高い。今回、良馬場での出走がかなえば、前走のようなことはないはずだ。2008年の皐月賞を優勝した半兄キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン)に続いて、クラシックレースを制覇できるか、注目の一頭だ。

ディープインパクト産駒のクルミナル(牝3・須貝尚介)は、1月25日のメイクデビュー京都(芝1800m、1着)から中1週のローテーションで臨んだ前々走のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)を優勝。デビュー2連勝をマークして、桜花賞馬候補に名乗りを挙げた。前走のチューリップ賞では、1番人気に支持されたものの11着と大敗を喫したが、本馬も、パワーを要する馬場コンディションが合わなかった模様。今回、良馬場での瞬発力勝負になって、父譲りの鋭い末脚を発揮できれば、巻き返しは十分に可能だろう。

桜花賞トライアルのアネモネS(中山・芝1600m)を優勝したテンダリーヴォイス(牝3・萩原清)も、ディープインパクト産駒。過去の桜花賞の傾向を見ると、アネモネS組は、本番での成績という点ではチューリップ賞組やフィリーズレビュー組と比べて成績は今ひとつと言える。しかし、本馬は、祖母にJRA重賞5勝のブロードアピールを持つ、成長力が魅力の血統。本番での大駆けが十分に期待できるだけの良血馬だ。

キングカメハメハ産駒のレッツゴードンキ(牝3・梅田智之)は、勝ち鞍こそメイクデビュー札幌(芝1800m)の1勝のみだが、その後の4戦は重賞に挑戦して、すべて3着以内を確保している。近3走はいずれもココロノアイと一進一退の競馬を続けているだけに、実力は引けを取らない一頭と見ていいだろう。折り合い面に少し課題を残しており、今回もスムーズな競馬ができるかどうかが鍵となる。ラストの瞬発力勝負にならないようなペースでレースが展開すれば、今回も大崩れはしないはずだ。

春のダート王へ注目の前哨戦 「第32回 東海テレビ杯 東海ステークス」

春のダート王へ注目の前哨戦 「第32回 東海テレビ杯 東海ステークス」

前身となったウインターS時代を含め、東海Sは、中京競馬場の名物レースとして長く親しまれている。2010年から2012年の3回は中京競馬場のスタンド改築および馬場改造工事に伴い5月の京都競馬場でダート1900mを舞台に行われたが、2013年からは再び中京競馬場に戻ったうえで、時期が1月に、距離がダート1800mにそれぞれ変更され、GI・フェブラリーSの重要な前哨戦として開催されている。2013年の優勝馬グレープブランデーは次走でフェブラリーSを制し、両レースの密接な関係を証明。さらに、2014年からは本レースの1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられるようになった。また、本レースと同じ中京・ダート1800mの舞台では、2014年からチャンピオンズCが暮れのダート王決定戦として行われている。東海Sは、今年のダートGI 路線を展望するうえで見逃せない一戦と言えるだろう。寒風を吹き飛ばすダート巧者たちの熱戦に注目したい。
コパノリッキー(牡5・村山明)は、昨年のフェブラリーSを制してGI 初制覇を飾ると、続くJpnI・かしわ記念(船橋・ダート1600m)を連勝。さらに、秋にはJpnI・JBCクラシック(盛岡・ダート2000m)も快勝し、大きな飛躍を遂げた。JRA・GI 2勝目を目指した前々走のチャンピオンズCは、1番人気に支持されたものの、スタートで出遅れて逃げの形に持ち込めず12着に大敗したが、前走のGI・東京大賞典(大井・ダート2000m)では、先手を奪う本来のパターンから最後の直線でもよく粘って2着を確保。ダートにおける実力は現役でもトップクラスの存在だ。この中間の調教では、疲れも見せず栗東坂路とCWコースを併用して力強い脚さばきを披露。引き続き好調を維持しているだけに、今回ダート重賞5勝目をマークしてフェブラリーS連覇に向けて弾みをつけたいところだ。
ナムラビクター(牡6・福島信晴)は、前走のチャンピオンズCで強豪を相手に2着と好走し、今後の活躍が大いに期待される存在だ。前走では陣営が熱望していた内側の偶数枠(16頭立ての2枠4番)をゲット。互角のスタートから素早く好位につけて絶好の手応えで追走し、最後の直線で満を持して追い出されると、ゴール前では鋭く伸びて連対を確保した。勝ち馬のホッコータルマエが次走のGI・東京大賞典を連勝し2014年のJRA賞最優秀ダートホースに選出されたことを考えれば、1/2馬身差まで迫った本馬の能力は高く評価できる。5歳時の昨年、7戦してすべてのレースで掲示板(5着以内)を確保した安定感も立派。前走後も栗東坂路で入念な乗り込みを重ねており、引き続き状態の良さも目を引くだけに、昨年のアンタレスSに続く2度目の重賞制覇も難しくないはずだ。
昨年の東海Sの優勝馬ニホンピロアワーズ(牡8・大橋勇樹)が連覇を狙って登場する。単勝オッズ1.6倍という圧倒的1番人気の支持を受けて出走した昨年の本レースでは、好位を絶好の手応えで追走。最後の直線で軽く仕掛けられるとシャープな反応を示し、グランドシチー(2着)に2馬身差をつけてゴールインした。この時が初の中京コース参戦で、それまで経験の少なかった左回りコースでの快勝劇だった。昨年の下半期は3戦して勝ち鞍を挙げることはできなかったが、前走のJpnII・名古屋グランプリ(名古屋・ダート2500m)では勝ち馬のエーシンモアオバーとクビ差の2着に好走。まだまだ力の衰えがないことを証明している。明け8歳を迎えたものの、馬体は若々しく、優勝争いできる力量は十分にあるだろう。
インカンテーション(牡5・羽月友彦)は、3歳時の一昨年8月にレパードSを制し、早い段階から豊かな才能を見せていたが、完全本格化を遂げたのは4歳時の昨年夏以降だ。約8か月の長期休養明けで迎えたエルムSで3着に好走すると、BSN賞→ラジオ日本賞(ともにオープン特別、新潟・ダート1800m)→みやこSと破竹の3連勝を記録。そのレースぶりも、先行からの抜け出しあり、中団からの差し切りありと自在性を示す好内容だった。4番人気で出走した前走のチャンピオンズCは、外枠(16頭立ての8枠15番)からのスタートで、終始馬場の外めを回る形になり、レースの流れに乗れないまま10着に敗退。今回は巻き返しを期すレースだ。これまで、左回りのダートコースでは8戦5勝をマーク。今回の舞台となる中京・ダート1800mでも2勝を挙げており、条件は絶好と判断していいだろう。スムーズなレースができれば、3度目の重賞Vも見えてくる。
ランウェイワルツ(牡4・音無秀孝)は、昨夏のレパードSで3着に好走して以降、6戦連続で3着以内の成績を残している。その中に1着はなく勝ち味に遅い印象があるが、安定感は抜群だ。前走のオープン特別・ポルックスS(中山・ダート1800m)は、勝ち馬のイッシンドウタイから1馬身1/4差の2着。最後の直線では身上とする力強い末脚を繰り出して連対を確保しており、内容としては濃かった。今回、中京競馬場には初参戦となるが、ここまで地方競馬(門別、園田)を含め7か所の競馬場で連対をマークしているように適応能力は高く、左回りコースも東京と新潟で経験済み。念願の重賞初制覇を達成できるか、注目したい。
ソロル(牡5・中竹和也)は、2003年のフェブラリーSなどGI 4勝を挙げたゴールドアリュールを伯父に持つ良血馬。昨年のマーチSで重賞初制覇を飾り、平安Sでは勝ち馬のクリノスターオーから1/2馬身差の2着に好走。本格化を示した。ただし、まだ安定感に欠けるようで、夏以降はエルムS(7着)、シリウスS(10着)、みやこS(9着)と好結果を残せず、この中間は放牧でひと息入れたうえでの出走となる。これまでの全6勝中5勝をダート1800mの距離で記録。中京・ダートコース自体は初参戦だが、力を発揮できる舞台と見ていいだろう。マーチS(重馬場)を勝った時のように脚抜きの良い馬場コンディションになれば、重賞2勝目のチャンスも見出せるはずだ。
グランドシチー(牡8・相沢郁)は、過去2年の東海Sで5着、2着という成績を残し、今年で3年連続の出走となる古豪。道中じっくりと脚をためて最後の直線で末脚を活かすタイプだけに、レース展開に左右される面はあるが、これまで強い相手と数多く戦ってきた経験は大きな財産だ。明け8歳を迎えたベテランホースだが、ここ3戦もシリウスS6着→JpnII・浦和記念(浦和・ダート2000m)5着→オープン特別の師走S(中山・ダート1800m)4着と、大きな衰えはなく気力充実の走りを見せている。鋭く追い込んで2着に好走した昨年の東海Sと同様の末脚を今回も発揮できれば、上位進出が期待できる。
マイネルクロップ(牡5・飯田雄三)は、今年初戦となった前走の1600万下・初夢S(京都・ダート1800m)で2着馬に3馬身差をつける快勝劇を演じ、オープンクラス復帰を果たした。中団のインで脚をため、最後の直線に向いてから馬場の外めに出して追い出されるとシャープな反応を示し、一気に差し切る強い内容で優勝。それまでは詰めの甘さを見せていたが、このレースで完全に払拭し、ひと回り成長した印象を残している。今回は、3歳時の2013年弥生賞(8着)以来となる重賞エントリー。相手は大幅に強化されるが、今は勢いがあるうえに、相手なりに走れる堅実性も備えている。全5勝中4勝をダート1800mで挙げているように距離も最適。上位進出があっても不思議ではない。
マイネルバイカ(牡6・白井寿昭)は、昨年、1600万下の初夢S(京都・ダート1800m)を勝ち上がり、オープンクラスに復帰してすぐの挑戦となった東海Sで勝ち馬のニホンピロアワーズから0秒7差の3着に好走。中団追走から最後の直線で前があくと目を引く末脚を披露した。その後は少し精彩を欠くレースもあったが、3走前のオープン特別・ブラジルC(東京・ダート2100m)では、2番手追走から直線で抜け出し、2着馬のランウェイワルツに1馬身1/4差をつけて優勝。通算6勝目を挙げている。今回は〔1・0・1・1〕と良績のある中京・ダートコースが舞台のうえに、1800mの距離も〔3・1・2・3〕と好相性。伏兵でも注意は怠れない。

新春の古都で牝馬が艶やかにしのぎを削る 「第50回 京都牝馬ステークス」

新春の古都で牝馬が艶やかにしのぎを削る 「第50回 京都牝馬ステークス」

京都牝馬Sは、開催時期が年明けに変更された2013年からAコースで行われており、同コースを使用してのレースは今年で3回目となる。同じ1回京都で開催される外回りの芝1600mの重賞でも、開幕週に行われる京都金杯と違い、開催が進んだ状況で行われる京都牝馬Sは、内ラチ沿いを通る馬だけでなく、外を回る馬でも十分に上位を狙える。むしろ、先行馬よりも差し馬のほうにチャンスが大きい印象があるレースだ。最後の直線で前にいる馬を交わすことができる瞬発力を備えているかどうかが一番のポイントと言えるだろう。
前々走のエリザベス女王杯で勝ち馬のラキシスから0秒3差の5着と善戦し、56キロのトップハンデを負担した前走の愛知杯で勝ち馬のディアデラマドレから0秒2差の2着を確保したキャトルフィーユ(牝6・角居勝彦)は、今回のメンバーの中でも充実度で群を抜く存在と言える。だが、この馬が武器としているのは、瞬発力よりも息の長い末脚。脚質的にはあまり向いていると言えない今回の舞台でどんな走りを見せられるかがポイントになりそうだ。15日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでは、サンビスタ(古馬オープン)、シャドウダンサー(古馬1600万下)という調教駆けする馬を相手に、熱の入った3頭併せを敢行。状態は高いレベルで安定している。
昨年の京都牝馬S優勝馬のウリウリ(牝5・藤原英昭)は、キャトルフィーユと同じディープインパクト産駒だが、この馬のセールスポイントは軽い芝での瞬発力。前述したレース傾向に沿うタイプと言えるのは、こちらだろう。前走の阪神C(4着)後の調整も順調で、15日に栗東坂路で行われた1週前追い切りでは4ハロン51秒8、ラスト1ハロン12秒4という出色のタイムをマークした。本レース連覇を成し遂げる可能性も十分にありそうだ。
アロマティコ(牝6・佐々木晶三)は、3走前のクイーンSが勝ち馬のキャトルフィーユとタイム差なしの2着、前々走の産経賞オールカマー(新潟・芝2200mで開催)が勝ち馬のマイネルラクリマから0秒1差の5着、18頭立ての8枠18番からのスタートだった前走のエリザベス女王杯でも勝ち馬のラキシスから0秒7差の8着。近3走とも、重賞で大崩れすることのない走りを見せてきた。今回のメンバーに入っても、能力は上位の存在と言える。先週の日経新春杯に出走するプランもあって調教を積んできただけに、約2か月半ぶりの実戦でも仕上がりに問題はなさそうだ。
フォーエバーモア(牝4・鹿戸雄一)は、3歳時の昨年に桜花賞(8着)→オークス(11着)とクラシック路線を歩んだ馬。そのオークス以来の実戦となる今回、初めて他の世代と対戦することになる。比較が難しい一戦だが、この馬自身は、一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで1着馬レッドリヴェール、2着馬ハープスターとタイム差なしの3着に好走し、昨年のクイーンCを優勝と、同世代の中で上位の力を持っている。今回、8か月の長期休養明けでの出走となるだけに、直前の最終追い切りに最も注目が必要な一頭と言えそうだ。
ダンスアミーガ(牝4・中竹和也)は、3走前の1000万下・五頭連峰特別→前々走の1600万下・長岡S(ともに新潟・芝1600m)と条件クラスを連勝したうえで、前走のオープン特別・ポートアイランドS(阪神・芝1600m)に出走。中団追走から伸びきれないレース内容で、結果は5着と敗れたが、オープンクラスへの再昇級初戦に加えて牡馬の手ごわいところが相手と、条件が少し厳しかったのかもしれない。今回は、重賞への挑戦となるが牝馬限定レースに替わる。約3か月半の休み明けとなるここで好結果を残せるようなら、今後が楽しみになる。
パワースポット(牝7・菊沢隆徳)は、18頭立ての14番人気という低評価だった前走の愛知杯で、勝ち馬のディアデラマドレから0秒3差の5着。今年で7歳を迎えたベテランホースだが、現在が充実期と言えるほどの末脚の切れ味を毎回ゴール前で発揮している。上がり3ハロン33秒台(推定)をマークできる自慢の瞬発力は、今回の舞台となる京都・外回りの芝1600mでこそ活きるはずだ。
ベルルミエール(牝4・高橋亮)は、前々走の1000万下・久多特別→前走の1600万下・長岡京S(ともに京都・芝1400m)と条件クラスを連勝してここにエントリー。芝1600mの距離は微妙に長いかもしれないが、スピードを活かせる京都・芝コースでは3戦3勝の負け知らずと相性は抜群。今回、スローペースになるようなら、この馬が得意としている先行策で押し切る可能性もありそうだ。
ゴールデンナンバー(牝6・鈴木康弘)は、上がり3ハロン32秒台(推定)の数字をマークできるほどの瞬発力を持っている馬。しかし、500キロを超える大型馬で、3か月以上の休み明けでの成績はこれまで〔0・0・0・3〕と結果を残していない。昨年9月の京成杯オータムH(新潟・芝1600mで開催)にエントリーしたものの、スタート地点で前胸部裂創を発症したため競走除外となり、手術を受けたうえで迎える今回のレース。昨年6月のオープン特別・パラダイスS(東京・芝1400m、5着)以来約7か月ぶりの実戦となるが、実力を発揮できるかどうかがポイントになるだろう。
レイカーラ(牝6・堀宣行)は、1番人気に支持された前走のオープン特別・ターコイズS(中山・芝1600m)で、14頭立ての11番手と後方を追走する展開から、最後の直線で伸びきれず9着と、人気を大きく下回る着順に敗れた。今回、前走からの巻き返しを果たすとともに重賞初制覇を成し遂げることができるか、注目したい。
ゼンノロブロイ産駒のレーヴデトワール(牝4・松田博資)は、2010年の阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬レーヴディソール(父アグネスタキオン)を半姉に持つ良血馬。3走前の秋華賞トライアル・紫苑S(新潟・芝2000m)をクビ差で制し、オープン特別初勝利を挙げたものの、前々走となる本番の秋華賞が13着、前走の愛知杯も13着と、近2走の成績がひと息。この中間は調教での動きが良く、馬体もふっくらとして好気配がうかがえるだけに、今回は正念場の一戦と言えるだろう。

多彩なメンバーが集う中距離重賞 「第56回 アメリカジョッキークラブカップ」

多彩なメンバーが集う中距離重賞 「第56回 アメリカジョッキークラブカップ」

新春の中山競馬を彩る重賞のひとつとして定着しているアメリカジョッキークラブCは、芝2200mの距離で行われる4歳以上のGII レース。GI のタイトルを持つビッグネームが一年の始動戦として登場するケースもあれば、力をつけてきた上がり馬が本レースでの好走を経て大きく飛躍した例もある。その年の4歳以上の芝・中長距離路線を占ううえで重要度の高い一戦と言えよう。今年も、GI・5勝の大物ゴールドシップを筆頭に、今後のGI 戦線を大いににぎわせてくれそうな好素材が多数エントリー。厳寒期の中山競馬場で、ハイレベルなV争いが繰り広げられる。

今年のアメリカジョッキークラブCにおける最大のトピックは、現役最高レベルの実績を持つゴールドシップ(牡6・須貝尚介)の参戦だ。3歳時の2012年に皐月賞、菊花賞、有馬記念を制してJRA賞最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得。さらに2013年と2014年の宝塚記念を優勝して同レース史上初の連覇を達成し、現役では最多となる5つの芝のGI タイトルを保持している。初の海外遠征を敢行した前々走の国際G1・凱旋門賞(ロンシャン・芝2400m)では14着と大敗を喫したが、帰国初戦となった前走の有馬記念では優勝したジェンティルドンナから0秒1差の3着と実力馬健在をアピール。この中間の調教では、さらなる体調アップを感じさせる素晴らしい動きを見せている。本馬以外にGI ホースが不在の今回、主役の座は譲れないところだろう。
フェイムゲーム(牡5・宗像義忠)は、これまでに2013年の京成杯、2014年のダイヤモンドS、アルゼンチン共和国杯と重賞を3勝。GI では昨年の天皇賞(春)と宝塚記念の6着が最高着順だが、その天皇賞(春)ではゴールドシップ(7着)に先着を果たしている。2馬身1/2差で快勝した前走のアルゼンチン共和国杯後はグランプリ・有馬記念への挑戦を表明していたものの、収得賞金不足で出走がかなわなかった。このアメリカジョッキークラブCに目標を切り替える形になったが、引き続き順調に調教を積まれて上々の気配を保っている。5歳を迎えた今年はさらなる飛躍が期待されるだけに、強敵相手となる始動戦でどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみだ。
ゴールドシップと同じ世代のエアソミュール(牡6・角居勝彦)は、キャリアを積みながら徐々にステップアップを遂げてきた。2013年の大阪城S(阪神・芝1800m)を皮切りにオープン特別を4勝し、5歳時の2014年6月に鳴尾記念を制して待望の重賞初制覇を飾った。3走前の札幌記念は勝ち馬のハープスターから1秒0離された5着と敗れたが、好メンバーがそろった前々走の毎日王冠で重賞2勝目をマーク。GI のビッグタイトルを狙えるところまで力をつけてきている。前走の金鯱賞も、1分58秒8のコースレコードで優勝したラストインパクトから0秒3差の3着。以前よりも安定感が格段に増しており、今回も優勝争いに持ち込む公算が大きい。

明け4歳世代からも魅力的な好素材がエントリーしている。ショウナンラグーン(牡4・大久保洋吉)は、昨年5月のダービートライアル・青葉賞で鮮やかな差し切り勝ち。重賞初制覇を飾った。本番の日本ダービーでは6着に敗れたものの、出走メンバー中最速の上がり3ハロン33秒9(推定)をマーク。秋には、クラシック三冠最終戦となった前々走の菊花賞でも後方待機から最後の直線で追い込んで5着に入っているように、末脚の威力は現4歳世代の中においてもトップクラスと言える。2015年の初戦となった前走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000m)は4着と、1番人気の期待に応えられなかったが、1着馬ステラウインドとは僅かに0秒1差。今回、持ち前の末脚を活かせる展開になれば、勝機は十分にあるはずだ。

クリールカイザー(牡6・相沢郁)は、まだ重賞のタイトルは獲得していないものの、昨年の秋シーズンは、産経賞オールカマー(新潟・芝2200mで開催)3着→アルゼンチン共和国杯2着→ステイヤーズS3着と、GII で安定感のある走りを続けた。この中間は短期放牧でリフレッシュ。今回は中6週のローテーションでの出走になるが、15日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは迫力満点の動きを披露。さらに調子を上げている印象があり、強敵が相手となる今回も上位争いに加わってくるだろう。

パッションダンス(牡7・友道康夫)は、2012年に、500万下(新潟・芝2400m)→1000万下の再度山特別→1600万下のサンタクロースH(ともに阪神・芝2000m)と3連勝をマークして条件クラスを卒業。翌2013年には、オープンクラス昇級後3戦目となる新潟大賞典で重賞初制覇を飾った。続く鳴尾記念6着後から約1年半の長期休養を余儀なくされたが、復帰2戦目となった前走の中山金杯で17頭立ての15番人気という低評価を覆して4着に善戦。復調をアピールした。2006年の桜花賞2着馬アドマイヤキッス(父サンデーサイレンス)の半弟にあたる良血のディープインパクト産駒。休養期間が長かったためにキャリアもまだ12戦と浅い。7歳でもこれからが充実期というムードが漂っている。

ミトラ(せん7・萩原清)は、初勝利から3勝目までをダート1200mの距離で挙げたが、その後に芝へとシフト。2012年は1600万下のフリーウェイS(東京・芝1400m)と紅葉S(東京・芝1600m)を優勝。さらに、2013年のオープン特別・ニューイヤーS(中山・芝1600m)、2014年のオープン特別・パラダイスS(東京・芝1400m)と、芝1400~1600mの距離で勝利を積み上げた。重賞では善戦止まりのレースが続いたが、初めて芝2000mの距離を使われた前走の福島記念で好位から鋭く抜け出して先頭ゴールイン。デビュー20戦目で初の重賞タイトルを手に入れた。今回は相手関係が格段に強化されるうえに、距離もさらに200m延長となる。克服すべき課題も多いが、未知の魅力にあふれた一頭と言えよう。

マイネルフロスト(牡4・高木登)は、2歳時にメイクデビュー東京(芝1800m)→オープン特別のコスモス賞(函館・芝1800m)とデビュー2連勝を飾り、才能の片りんを見せた。その後は重賞を3戦して勝ち鞍を挙げられなかったが、3歳3月に毎日杯で重賞初制覇。青葉賞6着を経て出走した競馬の祭典・日本ダービーでは3着に好走した。秋シーズンはセントライト記念(新潟・芝2200mで開催)9着、菊花賞7着と好結果を残すことができず、2015年の始動戦となった前走の中山金杯も6着に敗れたが、日本ダービーで見せた底力は現4歳世代の中でもトップクラス。休養明け2戦目で体調面の上積みが見込める今回、軽視は禁物だろう。

ディサイファ(牡6・小島太)は、4歳時の2013年10月に1600万下・甲斐路S(東京・芝1800m)を制してオープンクラス入りを果たした。その後は重賞やオープン特別で惜敗が続いたが、昨年6月のエプソムCで待望の初重賞制覇を達成した。秋シーズンは、始動戦の毎日王冠4着の後、GI に挑戦。前々走の天皇賞(秋)が12着、前走のジャパンカップは15着といずれも完敗だったが、強敵相手にもまれた経験は今後活きてくるはずだ。前走後は放牧には出されず厩舎で調整。約2か月ぶりの実戦でも抜群の好気配を見せており、GII に戻る今回はその実力を見直す必要がある。

ダークシャドウ(牡8・堀宣行)は、2011年にエプソムCと毎日王冠を連勝し、勢いに乗って臨んだ天皇賞(秋)でも2着に好走。翌2012年にも天皇賞(秋)とジャパンカップで連続4着に善戦しており、今回のメンバーの中でも上位にランクされる実績の持ち主だ。3年以上も勝利から遠ざかっており、今年で8歳と年齢的にもベテランの域に入っているが、前走の金鯱賞では、スタートで出遅れたものの、長くいい脚を使って1着馬ラストインパクトから0秒6差の6着。10着に敗れた前々走の天皇賞(秋)も、1着馬スピルバーグとは0秒5差と着順ほど大きくは負けていない。衰えたと判断するのは早計だろう。

伝説の企業家 アメリカをつくった男たち

売上ランキング
  • ライブドアブログ