競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。

調教

秋華賞(GI)【京都競馬場】

出走馬情報
秋華賞の過去10年における単勝式の最高払戻金は2008年ブラックエンブレム(11番人気)の2990円だが、4桁配当はこの馬のみ。残る9年は1・2番人気の馬が優勝してすべて500円以下の払戻金で、上位人気の支持を受けた馬の活躍が目立つ。昨年は、桜花賞・オークスを制したジェンティルドンナが秋華賞トライアルのローズSを快勝し、牝馬三冠達成に大きな注目が集まった。しかし、今年は春の実績馬の多くが順調さを欠いており、一筋縄ではいかないムードが漂っている。秋華賞トライアルのローズSは、オークス馬メイショウマンボが4着、オークス2着馬エバーブロッサムが14着に敗退。桜花賞の優勝馬アユサンは脚部不安で休養に入り、2着馬レッドオーヴァルは秋華賞に登録すらしてこなかった。舞台となる京都・内回りの芝2000mは展開の影響を受けやすいコースだが、今年はその展開自体も読みにくいメンバー構成。久々に頭を悩ませる牝馬三冠の最終戦となりそうだ。

その中でも、現時点で頭ひとつ抜けた存在という評価を受けているのが、オークス3着馬で秋華賞トライアルのローズSを制しているデニムアンドルビー(牝3・角居勝彦)。スタートで行き脚がつかず、3コーナー過ぎから強引にまくっていった姿は、同じ内田博幸騎手が騎乗しているゴールドシップを思い起こさせるもの。オークス時から14キロ増えていた馬体重(446キロ)にひと夏を越した成長が感じられたが、ここまでパワーアップしているとは想像できなかった。直線の長い阪神の外回りコースから直線の短い京都の内回りコースに替わり、同じ形の競馬が通用するかどうかが鍵となる。3歳2月の遅いデビューで、使い詰めのままフローラSを制してオークスに挑戦した春シーズンと比べて、臨戦過程ははるかに余裕が感じられる。一気に世代の頂点に立ってもおかしくないだろう。

前走の1000万下・夕月特別(阪神・芝1800m)を勝ったばかりで、まだ1600万下クラスの格下的存在だが、秋華賞ウィークになって一気にクローズアップされると思われるのが、ディープインパクト産駒のスマートレイアー(牝3・大久保龍志)。夕月特別の勝ち時計1分44秒8は、コースレコードに0秒3差と迫る優秀なもの。通算4戦3勝で、敗れたのは前々走の1000万下・三面川特別(新潟・芝1800m、4着)だけだが、約3か月の休み明けに加えて、昇級初戦で古馬とは初対戦と、厳しい条件がそろっていた。秋華賞で最多タイの3勝を挙げている名手・武豊騎手がデビュー以来ずっと手綱を取り続けているのは大きな魅力だ。末脚がしっかりしているタイプであるうえに、2番手追走からゴール前できっちりと抜け出したデビュー2戦目の500万下(東京・芝1800m、1着)のように、流れに沿った競馬もできる自在性を兼ね備えている。器用さが求められる京都・内回りの芝2000mでは大きな武器となりそうだ。

オークス馬のメイショウマンボ(牝3・飯田明弘)は、約4か月の休み明けで臨んだローズSで0秒1差の4着。勝ち馬のデニムアンドルビーに伸び負けする形にはなったが、復帰初戦としては及第点の内容と言えるだろう。前々走のオークスから8キロ増の馬体重(486キロ)はプラス材料。京都・芝コースは〔2・1・0・0〕の好成績で、内回りコースは昨秋のメイクデビュー京都(芝1400m)を快勝した実績がある。ひと叩きした今回は、上位争いに加わってくるはずだ。

シャトーブランシュ(牝3・清水出美)は、トライアルのローズSで9番人気の低評価を覆して0秒1差の2着に食い込み、秋華賞の優先出走権を獲得した。芝1600mのメイクデビュー阪神で8着に敗れたあと、ダートのレースを3戦消化し、再び芝のレースに戻ってからは3戦ともすべて道悪競馬(稍重~不良)で、結果は〔1・2・0・0〕。渋った馬場に適性があるのは間違いないが、調教でずいぶんと動けるようになってきており、ここにきての成長力は見逃せない。今夏の小倉開催では、500万下クラスとはいえ、足立山特別2着、鳥栖特別1着と、芝2000mの距離で古馬を相手に好成績をマーク。良馬場でも軽視は禁物だろう。

ローズSで10番人気ながら3着に好走し、秋華賞の優先出走権を獲得したウリウリ(牝3・藤原英昭)。この馬もプラス8キロの馬体重(452キロ)が示すように、2か月半の休養の効果で春よりも馬体が充実していた一頭。重馬場も上手にこなしてはいたが、本質は軽い芝の瞬発力勝負が向くディープインパクト産駒。直線が平坦で軽い芝の京都コースに替わるのは大歓迎だろう。

ローズSで14着に大敗と、まるで見せ場がなかったのが、エバーブロッサム(牝3・堀宣行)。春シーズンは、フラワーC2着→フローラS2着→オークス2着と勝ちきれないものの堅実な印象が強かっただけに、前走の敗因は道悪馬場(重)に求めてもいいだろう。休み明けをひと叩きした上積みに加えて、今回で関西遠征も2度目と慣れも見込めるはず。ここは、巻き返しの期待が懸かる。

GI・7勝の名馬ディープインパクトを半兄に持つ良血のトーセンソレイユ(牝3・池江泰寿)は、レース前の陣営のコメントどおり、前走のローズSは大幅な馬体重の増加(+32キロ)で出走。小柄な牝馬ゆえに、もちろん馬体が大きくなるのは良いことだが、どの馬よりも瞬発力勝負を求めている馬。雨で渋った馬場状態(重)の影響をまともに受けてしまった印象で11着に大敗した。メイクデビュー京都(芝1800m)を勝ち上がった直後のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)では、上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚を繰り出して優勝している。この馬も良馬場なら巻き返しが可能だろう。

中山・芝2000mを舞台に行われた秋華賞トライアルの紫苑Sで、逃げ切り勝ちを決めたセキショウ(牝3・杉浦宏昭)。今回も逃げの手で展開を作る可能性のある馬だ。通算成績は〔3・2・2・5〕で、ハナを切ったレースでは2戦2勝。また、先行~中団からの競馬でも1勝2着2回3着2回と、自在性も兼備している。直線に急坂のある中山・芝2000mで2勝を挙げており、直線が平坦な京都の内回り・芝2000mはゴール前の粘りが増す可能性が高いだけに、侮れない存在だ。

同じく紫苑Sで2着に入って秋華賞の優先出走権をゲットしたのは、リボントリコロール(牝3・菊沢隆徳)。未勝利(福島・芝2000m)→500万下の出雲崎特別(新潟・芝2200m)を連勝してきた上がり馬で、紫苑Sは逃げたセキショウ(1着)こそ捕まえられなかったが、後方追走から徐々にポジションを上げ、出走馬中最速となる上がり3ハロン34秒9(推定)の末脚を発揮。馬群を割って鋭く追い込んできたレース内容は見どころ十分だった。芝のレースではまだ底を見せておらず、過去5戦中3戦でメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(推定)をマークしている。混戦になれば突き抜けるシーンがあっても驚けない。

ティアーモ(牝3・藤岡健一)は、今年3月のメイクデビュー阪神→500万下の君子蘭賞(ともに阪神・芝1800m)と、逃げ切りでデビュー2連勝を飾った逸材。その後に約2か月の休養を挟んで挑んだオークスでは、好位を追走したものの、勝ち馬のメイショウマンボから1秒2差の6着に敗退した。しかし、わずかキャリア2戦の身で初めての重賞挑戦がGI の大舞台、さらに関東圏への長距離輸送も初めてと、厳しい条件がそろっただけに、度外視できるだろう。オークスのあとは放牧でリフレッシュされ、約3か月の休養明けで臨んだ前走の1000万下・西海賞(小倉・芝1800m)では古馬を相手に好位追走から直線で鮮やかに抜け出し、2着馬を1馬身半突き放す快勝劇を演じた。この中間は栗東坂路でじっくりと乗り込みを消化。休み明けをひと叩きされて、中5週のローテーションで2度目のGI に挑戦する今回は、上位に食い込むチャンスもあるだろう。
JRAより

京都大賞典、毎日王冠、デイリー杯2歳Sなど追い切り診断/東西トラックマン

【栗東トラックマン情報】

◆日曜京都11R・京都大賞典(GII)
・ゴールドシップ
 宝塚記念1着後は、北海道で鋭気を養い、一旦、函館競馬場へ入厩してから、栗東へ帰るというプラン。また、追い切り日以外にも主戦内田博幸騎手が手綱を握って調整を進めており、単なる休養明けの一戦ではないところがあからさまに分かる。最終追い切りはその総仕上げ。ジャスタウェイとの併せ馬だったが、馬がやる気になって、相手を跳ね除けてしまう、豪快な動き。時計が速いことも評価できるが、それ以上に、闘争心に火がついているかどうか。今回は間違いなく、スイッチは入っており、勝負どころで不安になるようなことはないだろう。 ・アドマイヤラクティ
 前走目黒記念は1番人気の支持を受けるも、見せ場のないレースぶり。レース間隔をあけて、秋に備えたのはプラスだったのではないだろうか。栗東へ帰厩したのは、9月5日。ノーザンFしがらきからなので、牧場での乗り込みは十分だろう。帰厩してからは、坂路でのキャンターが15-15になることが多く、4F63秒前後の時計が数多くある。その分なのか、はたまた、1週前追い切りが速い時計だったからなのか、最終追い切りは非常に軽い内容。CW6F88.3秒はオープン入りしてからの最終追い切りでは最も遅い数字。もっとも、自己条件時代には、遅い時計でも1着なっていることがあるので、さほど気にする必要はないかも知れないが、久しぶりということを考慮すれば、あまり信用してはいけないだろう。

◆日曜東京11R・毎日王冠(GII)
・ショウナンマイティ
 安田記念2着後は休養に充て、ノーザンFしがらきから帰厩したのは、8月30日。決して遅くない入厩だったが、追い切り時計を出し始めるまでに2週間ほど要した。このあたりに不安を感じていたが、その通り、1週前追い切りでは、いつもなら終い弾けるところが、ごく平凡な動きだった。そして、最終追い切り。坂路で単走だったが、時計は4F51.1秒。これは十分に速く、ラスト1F12.1秒も文句ない。ただ、前走時には見せていなかった、もたれるような仕草があり、ゴールに近付くにつれて、その度合いがひどくなっていた。追い切り翌日の運動を見ても、少し硬く見えたので、あまり強調できるほどの状態ではなさそう。

・クラレント
 同じ休み明けでも、2013年マイラーズC時とは全く違う今回。マイラーズC時は中間の追い切り時計が目立たず、最終追い切りでは、持ったままのダノンマックインに遅れてしまう内容。完全に仕上がり途上という感じだった。しかし、今回は全く違う。2週前の時点では、そのダノンマックインに遅れてしまっていたが、その追い切りで気配一変。川田将雅騎手が跨ったこともあり、1週前追い切りでは、自己ベストを更新する坂路4F時計(50.5秒)をマークし、ダノンマックインに簡単に先着した。そして、最終追い切り。ツルマルスピリットを追走する内容だったが、持ったままの手応えで相手を抜き去り、最後は舌を出す余裕の走り。坂路4F52.4秒という時計以上に、中身の濃い最終追い切りだった。

◆土曜京都11R・デイリー杯2歳S(GII)
・ホウライアキコ
 1週前追い切りをCWコースで行い、最終追い切りが坂路というのは、勝った小倉2歳S時と同じ。中間の追い切り本数は決して少ないわけではなく、仕上がりとしては、特に問題ない。それを示すように、最終追い切りも力強い走り。ラスト1Fはトモを滑らせるようなシーンがありながら、12.2秒をマーク。1200mで連勝しているだけに、短距離馬の印象はあるものの、坂路での4F時計が54秒を切ったことはなく、緩急をつけた走りができる現状であれば、十分にマイルの距離に対応できるのではないだろうか。
株式会社ネットドリーマーズ

G1・4勝馬ゴールドシップが2日、栗東トレセンの坂路で追い切られた。

京都大賞典追い切り(2日) 第48回京都大賞典・G2(6日、京都・芝2400メートル)へ向けて、G1・4勝馬ゴールドシップが2日、栗東トレセンの坂路で追い切られた。同じレースに出走するジャスタウェイと併せて、余裕たっぷりに半馬身先着。秋初戦へ、抜かりのない仕上がりだ。  グランプリホースが、いよいよ戦闘モードに入った。秋初戦を迎えるゴールドシップがパワフルなフットワークで坂路を駆け上がった。毎日王冠に出走するジャスタウェイ(4歳オープン)を半馬身追走し、ラスト2ハロンの地点では、騎乗した内田が引っ張りきれないほどの行きっぷり。闘志を前面に出した動きで半馬身先着。51秒1―12秒8の好時計をマークした。  「馬自身が爆発するような、すごい走りだった。隆々とした体つきになっているし、春に比べるとものすごいかき込みをしている。走る気満々になっている」と内田。宝塚記念の時と同様に先月17日から栗東に滞在し、コミュニケーションを図ってきた鞍上は、最終デモに納得の表情を浮かべた。ひと夏を越して、心身ともにパワーアップ。須貝調教師も「3歳時はジャスタウェイと併せても負けていたからね。精神面でも成長してきている」と頼もしげに見つめた。  この後のジャパンC(11月24日、東京)、連覇を目指す有馬記念(12月22日、中山)のG1・2戦へと続く前哨戦とはいえ、秋初戦のここを負けるわけにはいかない。これまでの後方からまくってくるレースとは違い、前走では好位から運び完勝。「理想は宝塚記念のような感じ」とトレーナーはイメージを描いている。  今週、話題の中心は日本馬2頭が頂点を目指す凱旋門賞。だが、そこだけに注目を集めさせるつもりはない。「海外でオルフェーヴル、キズナが頑張っている週なので、国内はゴールドシップで盛り上げたい」。G1・4勝を挙げている芦毛の怪物が新たな伝説への一歩を踏み出す。

スプリンターズS、シリウスSなど追い切り診断

【栗東トラックマン情報】
◆日曜中山11R・スプリンターズS(GI)
・ロードカナロア
 前走は安田隆行調教師も語るように「追い切りは100%の仕上げ」で出走するも、レース間隔があいていたことで、前を捕まえ切れなかった感じ。それをひと叩きして「確実に良くなっています」というのは間違いないだろう。追い切りに関しては、常に超一級の時計を出すだけに、今回もそれは変わりなし。ただ、前走よりも反応が速く、手前の替え方もスムーズ。坂路4F52.0~1F11.9秒と時計はこの馬にとって、大きな変化はないが、併せたカレンジェニオを交わす時の瞬時の速さが絶品。もちろん、中間の追い切りで緩めた印象もなく、昨年同様、もしくは昨年以上の状態で出走できるのではないだろうか。

・ドリームバレンチノ
 以前までの追い切りは、坂路で4F時計を遅くして、ラスト1Fを伸ばすスタイル。昨年のスプリンターズS3着時の最終追い切りも、4F55.0秒で1F12.0秒という、緩急をつけた追い切りだった。それが、この夏を境にして、全体時計を速く、そして、ラスト1Fも速くというスタイルに変化。前走時の1週前追い切りがそんな形だったが、今回の最終追い切りは当時よりもスピード感十分。4F51.3秒は自己ベストを更新しており、なおかつ、ラスト1Fが最速になるラップを踏めている。時計の出る馬場状態とはいえ、重心の低いフットワークで速い時計を出せたのは、前走を叩いた効果といったところだろう。

・マジンプロスパー
 レース間隔があくことは、スプリンターズSにとっては鬼門。過去5年、中9週以上のローテーションで出走した馬は12頭いたが、勝ったのは、外国馬ウルトラファンタジーのみ。まずはここが好走凡走のポイントになりそう。ただ、この馬の場合、夏場も栗東に在厩しており、追い切りは積み重ねている。暑さで自重したことを前向きに捉えれば、あまり過去データにこだわる必要はないのかも知れない。そう思わせてくれた、最終追い切りの動き。馬なりでありながら、軽快なスピードを持続させて、坂路4F51.8~1F12.0秒。ラスト1Fが失速した、1週前追い切りよりも、随分と動きが良くなっており、中尾秀正調教師も「自分から行く気になっている動き。状態はいいですね」と満足の内容。昨年は惨敗したレースだが、今年は軽視できない存在だろう。

・サドンストーム
 前走は10キロ増の馬体重だったが、これまでの好走時が470キロから480キロ台だったことを考えると、北九州記念時が減りすぎていたと判断すべき。当時の最終追い切りは目一杯に追われていたので、それが影響したと思われる。目一杯追うよりも、自らスピードに乗っていく方が結果が出るタイプ。最終追い切りは4走前以来、武豊騎手が跨っての動きとなったが、いつもはもたれる癖がある馬が、今回は真っ直ぐ走っていた。しかも馬なりで坂路4F51.6秒。夏場もコンスタントに使われているだけに状態面の上積みというよりは、乗り手との相性の良さが表れた追い切りだったのではないだろうか。

◆土曜阪神11R・シリウスS(GIII)
・ナイスミーチュー
 昨年は久しぶりの宮崎Sを叩いて、中4週での出走。その最終追い切りは坂路でスクワドロン(当時は2歳500万下)と併せて、馬なりの相手に一杯に追うも遅れる内容。それでもレースではきっちり勝っているように、追い切りで遅れることはこの馬にとってマイナス材料ではない。今回も1週前追い切り、最終追い切りともに、レッドアリオンに完全に見劣りし、遅れる内容。時計的には平安S2着時と大きく変わらないので、見た目の印象は忘れた方がよい。調教に関しては、特に気になるような点がないので、あとは久しぶりの実戦にどう対処するかといったところだろう。

ネットドリーマーズ2013年09月26日(木)18時00分
売上ランキング
  • ライブドアブログ