競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。

エリザベス女王杯

トーセンアルニカなどエリザベス女王杯厩舎情報/美浦トレセンニュース<

トーセンアルニカなどエリザベス女王杯厩舎情報/美浦トレセンニュース

11月6日(水)16時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=kiba

エリザベス女王杯(GI・芝2200m)に出走するトーセンアルニカ(牝3・木村哲也厩舎)について、美浦トレセンで同馬の追い切りに騎乗した池添謙一騎手、及び、セキショウ(牝3)と、土曜日の2歳牝馬重賞・ファンタジーS(GIII・芝1400m)に出走予定のフクノドリーム(牝2)について、2頭を管理する杉浦宏昭調教師のコメントをお届けする。
トーセンアルニカについて、池添謙一騎手。 「日曜日にしっかりやっているとのことだったので、今日(11/6)は感触を確かめる程度の追い切りでした。調教ではハミを取らないかもしれないと聞いていましたが、今日はしっかりと走っていました。言うことを聞いてくれる乗りやすい馬で、どんな競馬でもできそうですね。これまでのレース映像を見ましたが、実際に乗ってみて、映像で見た感じとさほど差はないと思いました。東京コースでは伸び伸び走っていましたので、京都コースのような馬場の広いコースは合っていると思います」

セキショウについて、杉浦宏昭調教師。
「前走の秋華賞(GI・芝2000m・8着)は、道中のペースが速かったですし、その流れで逃げた馬を追いかけていった割にはよく頑張ってくれました。もう少しためてほしかったですが、最後も止まっていませんし、十分力は発揮してくれたと思います。
前走後は、2走前(紫苑S・3歳牝馬OP・芝2000m・1着)のような疲れはありませんでしたし、前走くらいの状態で臨めそうです。
先週は予定よりも速い時計が出て、いつでも競馬に向かえる状態になっていましたから、今週は息作り、調整程度という内容でした。
距離が200m延びますが、オークスに出走させたいと考えたくらいですから、むしろ距離延長は良いと思っています。
単騎で逃げられれば1番良いですが、競馬ですから、そううまくはいかないでしょう。他にも行きたい馬もいるでしょうし、枠順が出てから考えたいですね。
相手は強いですが、この馬の競馬ができればそんなに差はないと思っています。
あとは揉まれずに競馬をしてほしいですね」

ファンタジーSに出走予定のフクノドリームについて、杉浦宏昭調教師。
「元々ダートでは図抜けた存在かなという気はしていました。ただ前走(エーデルワイス賞・JpnIII・ダ1200m・1着)は、北海道に輸送してからの状態が今ひとつだったんですよね。でも競馬に行ってみると強い内容でしたし、心配する必要はありませんでした。
来春に向けて考えた時に、芝の速い時計で、あるいは距離を延ばしてどんな走りをするのかを試してみたいというのがありましたので、前走後は最初からここを使ってみようと思っていました。
1週前は中途半端な稽古になってしまったので、先週日曜日に速いところをやり、今週は何もやらずに競馬に向かうことになったのですが、それで体調が狂ったりはしていませんし、それがかえって良かった感じです
前走より状態は良いですが、今回も輸送がありますのでね。ただ北海道に輸送するよりは楽でしょうし、良い状態は維持できそうです。
1ハロン延長はさほど心配していませんが、折り合い面がどうなのかですね。そのままスピードで押し切れてしまうものなのか、2、3番手から折り合えるのか・・・。試金石のレースになるでしょう」(取材・写真:佐々木祥恵)
最終更新:11月6日(水)16時8分netkeiba.com

【特別登録】第38回エリザベス女王杯(GI)
http://rd.yahoo.co.jp/jpr_sports/keiba_p/lnk_2/*http://keiba.yahoo.co.jp/race/regist/1308050411/
【エ女王杯】デニム想定外も心配無用 [ デイリースポーツ - 2013/11/7 9:00 ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000030-dal-horse

【京王杯】アポロスターズ好調アピール [ デイリースポーツ - 2013/11/7 9:00 ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000027-dal-horse

【エ女王杯】ヴィルシーナ春秋2冠リハ [ デイリースポーツ - 2013/11/7 9:00 ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000023-dal-horse

【ファンタジーS】エイシンオルドス折り合いOK [ スポーツ報知 - 2013/11/7 7:03 ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000150-sph-horse

【武蔵野S】アドマイヤロイヤル状態上向き [ スポーツ報知 - 2013/11/7 7:02 ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000152-sph-horse

最強牝馬決定戦「第38回エリザベス女王杯」

【エ女王杯】リーディング首位独走!角居師4頭出しでG1・20勝だ

スポニチアネックス 11月6日(水)7時1分配信

G1再開となる今週は最強牝馬決定戦「第38回エリザベス女王杯」(10日、京都)。今年49勝で全国リーディング首位を独走する角居厩舎が強力4頭出しでタイトル獲りに挑む。重賞2勝の3歳実力派デニムアンドルビー、1000万特別を勝って勢いに乗る同期のディアデラマドレ、ラキシスに、女王杯3年連続挑戦の5歳オールザットジャズも魅力的。勝てば、角居厩舎はG1・20勝目。勝負気配が漂っている。

 5日の栗東。開門と同時に“角居軍団”が坂路ジャックだ。デニムアンドルビー(4F62秒8)を一番手に、ディアデラマドレ(61秒4)、オールザットジャズ(61秒8)、ラキシス(60秒1)。G1特殊ゼッケンを着けた4頭が次々と駆け上がる光景は壮観。G1・19勝を誇る角居厩舎のG1・4頭出しが初めてとあっては目が離せない。

 特に3歳の3頭。実績のデニム、勢いのディア&ラキシス。オークス(3着)、秋華賞(4着)ともに1番人気で苦闘したデニムにとっては今回こそが好機。松田助手の言葉も力が入る。

 「秋華賞はジョッキー(内田)も攻めてくれた。メイショウマンボに早めに詰め寄ったが、外を回った分と枠(14番)も響いた。今回は京都外回りなので」

 ゲートは出ても、二の脚が続かず、置かれるのがネック。直線328メートルの内回りの秋華賞では早仕掛けで動かざるを得ない分、爆発力が半減。しかし、今回は直線399メートルの外回り。12番手から豪快に差し切ったローズSの再現はかなう。

 「ダッシュがつかないのも弱点と思っていない。あれが末脚の良さにつながっている。秋3戦目で馬が自分で体をつくって仕上げている。雨も大丈夫」と同助手は自信満々だ。

 デニムを脅かす!?のが共に2連勝で1000万特別を楽勝した同期2頭。ディアデラマドレは重賞3勝のディアデラノビアを母に持つ良血。差す競馬が板についた。同助手が「藤岡康くんが馬のリズムを大事にして、末脚を生かす形で良さが出てきた。いいところに筋肉がつき、力をつけている」と同助手。ラキシスは甲武特別→鳴滝特別と、本番と同じ2200メートルを余力十分にV。同助手は「春は実にならなかったが、体にも張りが出てきて充実期」と成長を実感している。

 勝てば、藤沢和厩舎(21勝)しか達成してない区切りのJRA・G1・20勝目。「デニムは長くいい脚を使える。ディアはリズム良く走れば切れる。ラキシスは競馬が上手。どれが一番とは言いにくいですけど」。同助手は“三者三様”で熱い期待を寄せる。上位独占で大台到達も夢ではない布陣だ。

【関連記事】
【エ女王杯】混戦からマンボが踊り出た G1連覇へ死角なし
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/11/05/kiji/K20131105006950100.html
【エ女王杯】ユタカ、ハナズでGI100勝だ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000505-sanspo-horse
【エ女王杯】レインボーダリア勝負モード
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000504-sanspo-horse
【エ女王杯】ヴィルシーナ、史上初のダブル制覇へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000503-sanspo-horse
【エ女王杯】ホエール3度目の正直狙う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131106-00000025-dal-horse

エリザベス女王杯(G1)2012年

芝2200m以上のレースに実績のある馬が優勢!

過去10年のエリザベス女王杯で3着以内となったJRA所属馬27頭中16頭は、JRAの芝2200m以上のレースで優勝経験のある馬だった。該当馬は3着内率38.1%と好走率の面でも優秀だ。なお、過去10年のエリザベス女王杯で3着以内となった海外馬(2003年のタイガーテイル、2010年および2011年のスノーフェアリー)は、いずれも前走までに海外で芝2200m以上の重賞を制していた。過去の戦績を比較する際は、今回と同じか今回よりも長い距離に実績のある馬を高く評価したいところだ。

牡馬相手の実績をチェック!

過去10年のエリザベス女王杯で連対を果たしたJRA所属馬18頭中9頭は、同年に行われた牝馬限定を除く、1600万下またはオープンクラスのレースで優勝経験のある馬だった。該当馬は連対率29.0%と好走率の面でも優秀だ。2013年に入ってから1600万下またはオープンクラスのレースで牡馬を破っている馬がいたらぜひ注目してみたい。
売上ランキング
  • ライブドアブログ