競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。

凱旋門賞

【凱旋門賞】日本馬はハープスターの6着が最高 トレヴが連覇

【凱旋門賞】日本馬はハープスターの6着が最高 トレヴが連覇


スポニチアネックス 10月5日(日)23時38分配信

世界最高峰のG1、第93回凱旋門賞は5日、パリのロンシャン競馬場(芝2400メートル)で行われ、トレヴ(牝4、フランス)が36年ぶり6頭目の連覇を達成した。2着はフリントシャー(牡4、フランス)、3着にはタグルーダ(牝3、イギリス)が入った。

 日本馬は、田将雅騎手騎乗のハープスター(牝3、松田博資厩舎)の6着が最高で、福永祐一騎手騎乗のジャスタウェイ(牡5、須貝尚介厩舎)が8着、横山典弘騎手騎乗のゴールドシップ(牡5、須貝尚介厩舎)は14着に終わり、日本馬初制覇はならなかった。



 最後の直線でハープスターとゴールドシップは大外を、ジャスタウェイは内を突いたが、いずれも自慢の末脚を伸ばせなかった。



 1969年のスピードシンボリの初挑戦以来、日本馬は今回で延べ19頭が参戦し、99年のエルコンドルパサー、2010年のナカヤマフェスタ、そして12、13年のオルフェーヴルの2着が最高成績。またも日本競馬界の悲願は“世界の壁”に阻まれた。

凱旋門賞

凱旋門賞(Prix de l’Arc de Triomphe)は第一次世界大戦の勝利を祝し、1920年に創設。毎年10月の第1日曜日に行われ、芝2400m級では世界最高峰に位置するレースである。賞金総額400万ユーロ(約5億3320万円)、1着賞金2,285,600ユーロ(約3億500万円)。

過去の勝ち馬には、古くはリボー Ribot(1955年、1956年)、シーバード Sea-Bird(1965年)、ミルリーフ Mill Reef(1971年)、アレッジド Alleged(1977年、1978年)から、最近ではモンジュー Montjeu(1999年)、シンダー Sinndar(2000年)、ハリケーンラン Hurricane Run(2005年)、Zarkava(2008年)、Sea the Stars(2009年)など多くの名馬が名を連ねている。

また、過去の勝ち馬のうち、ダンシングブレーヴ(1986年)、トニービン(1988年)、ラムタラ(1995年)、エリシオ(1996年)、パントレセレブル(1997年)、マリエンバード(2002年)、バゴ(2004年)などが種牡馬として日本に導入されている。

レースの傾向を見ると、これまでに欧州以外の調教馬が勝ったことはなく、過去20年ではフランス調教馬が12勝、3歳馬が16勝と、極めて特徴的なデータが残っている。特にフランスの3歳馬は過去20年で12頭が勝利。3歳馬には3.5kgの斤量差(3歳馬56kg、古馬59.5kg、牝馬1.5kg減)が与えられる。

これまでに日本調教馬は12頭が出走し、1999年エルコンドルパサー、2010年ナカヤマフェスタ、2012、13年オルフェーヴルの2着が最高。2006年のディープインパクトは3位入線も、その後禁止薬物が検出され失格となっている。

日の丸がセンターポールに上がる確率は高まった凱旋門賞の前哨戦回顧

netkeiba.com 2014年09月17日(水)12時00分

 G1凱旋門賞(芝2400m)の開催を3週間後に控えた14日(日曜日)、今年もロンシャン競馬場では、本番と同コース・同距離の重賞が3競走施行された。

 パリ地区はこのところ10日以上にわたってまとまった雨がなく、馬場状態はBon(=良馬場)。乾いて走りやすい路面となった。

5か月振りの出走となったエクトが一気の距離延長を克服して勝利を収めたニエル賞

 まずは、現地14時30分発走の第3競走に組まれた3歳の牡馬と牝馬によるG2ニエル賞(芝2400m)。御存知のように、昨年はキズナが優勝をした競馬である。03年から06年まで4年連続で「前走はニエル賞」という馬が凱旋門賞を制し、本番と最も結び付きの強い前哨戦と言われたが、07年以降はここをステップに凱旋門賞で連対を果した馬は1頭も現れておらず、本番との関連性は希薄になりつつある。

 今年は8頭立てとなった中、2.8倍の1番人気に推されたのがエクト(牡3、父ハリケーンラン)だ。2歳時は5戦し、G1クリテリウムインターナショナル(芝1600m)、G3シェーネ賞(芝1600m)の2重賞を含む4勝。今季初戦のG3フォンテンブロー賞(芝1600m)でも、次走G1仏二千ギニー(芝1600m)を制するカラコンティを2着に退けて優勝し、3歳クラシックの最有力候補となった馬である。ところが、その後故障を発症して、春の2冠はいずれも回避。立て直しを図り、5か月振りの出走となったのがニエル賞だった。ちなみに、ニエル賞当該週の火曜日に、本馬の権利の50%をカタールの王族ジョアン殿下のアルシャカブ・レーシングが取得したことが発表されている。

 オッズ3.5倍の2番人気が、愛国から遠征してきたアデレイド(牡3、父ガリレオ)。春の3歳クラシックには乗れず、ロイヤル開催のG2キングエドワード7世S(芝12F)でイーグルトップの2着になった後、北米に遠征してG1ベルモントダービー(芝10F)2着。続くG1セクレタリアトS(芝10F)を見事に制してG1勝ち馬の勲章を手にして、このレースに臨んでいた。

 オッズ6.5倍の3番人気が、クリストフ・ルメールが乗るエンパイアメーカー産駒のテレテキスト(牡3)。今年4月にデビューし、メイドン(芝2000m)と一般戦(芝2000m)を連勝。続くG3リス賞(芝2400m)2着、G1パリ大賞(芝2400m)3着と、重賞でも堅実な走りを見せた馬である。

 エクト陣営が先導役として用意したセラン(牡3)が逃げ、6番手内埒沿いにアデレイド、7番手にテレテキスト、8頭立ての最後方にエクトと、上位人気馬はいずれも後方に付ける展開に。

 直線に向くと、大外に持ち出したエクトが弾けて一気に先頭へ。やや仕掛けが早すぎたか、一旦は同馬が2馬身ほど抜けた後、ゴール間際でテレテキストの強襲を受けたが、これを首差しのいでエクトが優勝。直線で前が壁になる局面があったアデレイドもよく追い込んだが、3着までだった。

 久々に加えて、一気の距離延長を克服して勝利を収めたエクトに、大手ブックメーカーのコーラルは、凱旋門賞へ向けた前売りでオッズ6倍を提示。タグルーダ、アヴニールセルタンと横並びで1番人気に推すことになった。

昨年の凱旋門賞覇者トレヴが出走するも伸びきれず4着に敗れたヴェルメイユ賞

 続いて、現地15時45分発走の第5競走として行なわれた、3歳以上の牝馬によるG1ヴェルメイユ賞(芝2400m)。これも御存知のように、昨年はここを勝ったトレヴが本番の凱旋門賞も制している。

 そして今年の注目も、そのトレヴ(牝4、父モティヴェイター)に集まった。今季初戦のG1ガネイ賞(芝2100m)でシリュスデゼーグルの2着に敗れてデビュー以来継続していた連勝がストップ。続くロイヤルアスコットのG1プリンスオヴウェールズS(芝10F)もザフューグの3着に敗れた後、背中の筋肉を傷めていることが判明して休養に入り、ここは3か月振りの出走だった。直前にシャンティーで見せた調教の動きは悪くなく、ファンはオッズ1.4倍の1番人気に推すことになった。

 オッズ5倍の2番人気が、3歳馬のドルニーヤ(牝3、父アザムール)。アガ・カーン殿下の自家生産馬で、叔父に凱旋門賞馬ダラカニやキングジョージ勝ち馬デイラミらがいるという良血馬である。デビュー2戦目のメイドン(芝2500m)から3連勝でサンクルーのG2マルレ賞(芝2400m)を制覇。一線級と戦うのはここが初めてだが、古馬より3.5キロ軽い斤量も魅力の1頭だった。

 オッズ8.3倍の3番人気が英国から遠征してきた4歳馬ポモロジー(牝4、父アーチ)。仕上がりが遅れ、デビューは3歳6月になったが、そこから3連勝でG3ミネルヴ賞(芝2500m)に優勝。更に今季初戦となった、7月5日にヘイドックで行われたG2ランカシャーオークス(芝11F200y)も白星で通過。4戦して負け知らずでここに臨んできた馬だ。

 典型的な逃げ馬が居らず、押し出されるように先頭に立ったのがポモロジー。一方トレヴは最後方に控え、その1頭前にドルニーヤが付ける展開に。

 淡々とした流れのまま直線を迎え、粘るポモロジーに残り1F付近で並びかけていったのが、道中は3番手内埒沿いで競馬をしていた5番人気(21倍)のバルチックバロネス(牝4、父シャマーダル)で、両馬の競り合いはバルチックバロネスがポモロジーに短頭差先着。直線に向くと外に持ち出して追い込みを図ったトレヴは、一旦3番手に上がったものの、ゴール前でドルニーヤに差し返されて4着に敗れた。

 バルチックバロネスは、アンドレ・ファーブルが管理する4歳馬。3歳春にG3クレオパトラ賞(2100m)を制して重賞初制覇を果したものの、その後は重賞戦線で勝ち星を挙げることが出来ず、ここ2戦はLRコンピエーニュ大賞(芝2000m)、LRラペピニール賞(芝2000m)と、相手の軽い準重賞を使われ、いずれも白星を挙げ勢いをつけてここへ臨んでいた。

 この結果を受けブックメーカー各社は、凱旋門賞前売りでバルチックバロネスに20倍前後のオッズを掲げることになったが、現状では凱旋門賞当日の牝馬限定G1オペラ賞(芝2000m)に廻る公算大と見られている。

 一方、4着に敗れて今季の戦績を3戦0勝としたトレヴは、オッズ8~11倍で3~6番人気と、前売り戦線における評価を大きく下げている。

昨年の英ダービー馬ルーラーオヴザワールドが積極的な競馬で優勝したフォワ賞

 続いて、現地16時25分発走の第6競走として施行された、4歳以上の牡馬と牝馬によるG2フォワ賞(芝2400m)。昨年・一昨年とオルフェーヴルが優勝している、日本の皆様には既に充分お馴染み一戦である。

 1.8倍の1番人気となったのがフリントシャー(牡4、父ダンシリ)だ。昨年のG1パリ大賞(芝2400m)勝ち馬で、昨年のニエル賞に出走した段階では、凱旋門賞でオルフェーヴルとキズナの前に立ちはだかるとしたら「この馬」と言われるほどの存在だったが、そのニエル賞で4着に敗れると、凱旋門賞も8着に大敗。今季初戦となったG1コロネーションC(芝12F10y)でシリュスデゼーグルの2着となった競馬は悪くなかったが、続くG1サンクルー大賞(芝2400m)は4着。その後、出走を予定していたG1キングジョージ(芝12F)は熱発で出走を取り消しと、既に1年以上にわたって勝ち星から見放されている。

 3.5倍の2番人気がスピリットジム(牡4、父ガリレオ)。3歳春のクラシックには乗れず、秋になって本格化。3歳10月にドーヴィルの準重賞(芝2500m)を制して特別初制覇を果すと、破竹の快進撃を開始し、今年6月のG2シャンティー大賞(芝2400m)まで4連勝。続いて駒を進めたG1サンクルー大賞(芝2400m)でも、英国から遠征してきたG1タタソールズGC(芝10F110y)勝ち馬ノーブルミッションらを退けて1着で入線したものの、レース後のドーピング検査で禁止薬物が発覚し、失格処分となった。ここはそれ以来、2か月半振りの出走だった。

 4.5倍の3番人気は、愛国から遠征してきたルーラーオヴザワールド(牡4、父ガリレオ)。昨年春、デビューから無敗の3連勝でG1英ダービー(芝12F10y)を制した馬である。だが、続くG1愛ダービー(芝12F)で5着に敗れて連勝がストップ。秋初戦のG2ニエル賞(芝2400m)でキズナの2着となった競馬は「さすが英ダービー馬」と言えるものだったが、続くG1凱旋門賞7着、中1週で挑んだG1チャンピオンS(芝10F)3着と、後半は4連敗で3歳シーズンを終えている。今季初戦となったG1ドバイワールドC(AW2000m)では13着に大敗すると、じっくりと立て直しが図られ、ここは5か月半振りの実戦だった。

 ハナを切ったのはルーラーオヴザワールドで、3番手内埒沿いにスピリットジム。6頭立ての4~5番手にフリントシャーの隊列に。

 単騎の逃げとなったルーラーオヴザワールドが、直線に入っても脚色が衰えず、そのまま後続に1.1/2馬身差をつけての逃げ切り勝ちを果し、昨年のダービー以来1年3か月振りの勝ち星を手にした。直線に入ると外を追い込んだフリントシャーが2着。更に1.1/2馬身遅れた3着がスピリットジムだった。

 この結果を受け、ブックメーカー各社は凱旋門賞へ向けた前売りで、ルーラーオヴザワールドをオッズ13~15倍の7~9番人気、フリントシャーを21~33倍の14~16番人気、スピリットジムを26~51倍の18~23番人気に評価することになった。

フランスの競馬日刊紙ジュール・ド・ギャロ「3頭いる日本馬の誰かが勝利する可能性が強まった」

 前哨戦3競走を通じての収穫は、3歳勢ではエクト、古馬勢ではルーラーオヴザワールドの復活が見られたことだ。一方で落胆は、連覇を目指すトレヴに相変わらず昨年の輝きが見られなかったことである。

 フランスの競馬日刊紙ジュール・ド・ギャロは16日の紙面で、前哨戦を終えた段階での凱旋門賞戦線検証を行なっている。そこで出された結論は、「3頭いる日本馬の誰かが勝利する可能性が強まった」であった。確かに、強力な新興勢力の台頭が見られたわけでもなく、現段階で凱旋門賞を占えば、「日本馬応援目線」では見ていなくても、日の丸がセンターポールに上がる確率は高まったと言って良さそうである。

秋華賞(GI)【京都競馬場】

出走馬情報
秋華賞の過去10年における単勝式の最高払戻金は2008年ブラックエンブレム(11番人気)の2990円だが、4桁配当はこの馬のみ。残る9年は1・2番人気の馬が優勝してすべて500円以下の払戻金で、上位人気の支持を受けた馬の活躍が目立つ。昨年は、桜花賞・オークスを制したジェンティルドンナが秋華賞トライアルのローズSを快勝し、牝馬三冠達成に大きな注目が集まった。しかし、今年は春の実績馬の多くが順調さを欠いており、一筋縄ではいかないムードが漂っている。秋華賞トライアルのローズSは、オークス馬メイショウマンボが4着、オークス2着馬エバーブロッサムが14着に敗退。桜花賞の優勝馬アユサンは脚部不安で休養に入り、2着馬レッドオーヴァルは秋華賞に登録すらしてこなかった。舞台となる京都・内回りの芝2000mは展開の影響を受けやすいコースだが、今年はその展開自体も読みにくいメンバー構成。久々に頭を悩ませる牝馬三冠の最終戦となりそうだ。

その中でも、現時点で頭ひとつ抜けた存在という評価を受けているのが、オークス3着馬で秋華賞トライアルのローズSを制しているデニムアンドルビー(牝3・角居勝彦)。スタートで行き脚がつかず、3コーナー過ぎから強引にまくっていった姿は、同じ内田博幸騎手が騎乗しているゴールドシップを思い起こさせるもの。オークス時から14キロ増えていた馬体重(446キロ)にひと夏を越した成長が感じられたが、ここまでパワーアップしているとは想像できなかった。直線の長い阪神の外回りコースから直線の短い京都の内回りコースに替わり、同じ形の競馬が通用するかどうかが鍵となる。3歳2月の遅いデビューで、使い詰めのままフローラSを制してオークスに挑戦した春シーズンと比べて、臨戦過程ははるかに余裕が感じられる。一気に世代の頂点に立ってもおかしくないだろう。

前走の1000万下・夕月特別(阪神・芝1800m)を勝ったばかりで、まだ1600万下クラスの格下的存在だが、秋華賞ウィークになって一気にクローズアップされると思われるのが、ディープインパクト産駒のスマートレイアー(牝3・大久保龍志)。夕月特別の勝ち時計1分44秒8は、コースレコードに0秒3差と迫る優秀なもの。通算4戦3勝で、敗れたのは前々走の1000万下・三面川特別(新潟・芝1800m、4着)だけだが、約3か月の休み明けに加えて、昇級初戦で古馬とは初対戦と、厳しい条件がそろっていた。秋華賞で最多タイの3勝を挙げている名手・武豊騎手がデビュー以来ずっと手綱を取り続けているのは大きな魅力だ。末脚がしっかりしているタイプであるうえに、2番手追走からゴール前できっちりと抜け出したデビュー2戦目の500万下(東京・芝1800m、1着)のように、流れに沿った競馬もできる自在性を兼ね備えている。器用さが求められる京都・内回りの芝2000mでは大きな武器となりそうだ。

オークス馬のメイショウマンボ(牝3・飯田明弘)は、約4か月の休み明けで臨んだローズSで0秒1差の4着。勝ち馬のデニムアンドルビーに伸び負けする形にはなったが、復帰初戦としては及第点の内容と言えるだろう。前々走のオークスから8キロ増の馬体重(486キロ)はプラス材料。京都・芝コースは〔2・1・0・0〕の好成績で、内回りコースは昨秋のメイクデビュー京都(芝1400m)を快勝した実績がある。ひと叩きした今回は、上位争いに加わってくるはずだ。

シャトーブランシュ(牝3・清水出美)は、トライアルのローズSで9番人気の低評価を覆して0秒1差の2着に食い込み、秋華賞の優先出走権を獲得した。芝1600mのメイクデビュー阪神で8着に敗れたあと、ダートのレースを3戦消化し、再び芝のレースに戻ってからは3戦ともすべて道悪競馬(稍重~不良)で、結果は〔1・2・0・0〕。渋った馬場に適性があるのは間違いないが、調教でずいぶんと動けるようになってきており、ここにきての成長力は見逃せない。今夏の小倉開催では、500万下クラスとはいえ、足立山特別2着、鳥栖特別1着と、芝2000mの距離で古馬を相手に好成績をマーク。良馬場でも軽視は禁物だろう。

ローズSで10番人気ながら3着に好走し、秋華賞の優先出走権を獲得したウリウリ(牝3・藤原英昭)。この馬もプラス8キロの馬体重(452キロ)が示すように、2か月半の休養の効果で春よりも馬体が充実していた一頭。重馬場も上手にこなしてはいたが、本質は軽い芝の瞬発力勝負が向くディープインパクト産駒。直線が平坦で軽い芝の京都コースに替わるのは大歓迎だろう。

ローズSで14着に大敗と、まるで見せ場がなかったのが、エバーブロッサム(牝3・堀宣行)。春シーズンは、フラワーC2着→フローラS2着→オークス2着と勝ちきれないものの堅実な印象が強かっただけに、前走の敗因は道悪馬場(重)に求めてもいいだろう。休み明けをひと叩きした上積みに加えて、今回で関西遠征も2度目と慣れも見込めるはず。ここは、巻き返しの期待が懸かる。

GI・7勝の名馬ディープインパクトを半兄に持つ良血のトーセンソレイユ(牝3・池江泰寿)は、レース前の陣営のコメントどおり、前走のローズSは大幅な馬体重の増加(+32キロ)で出走。小柄な牝馬ゆえに、もちろん馬体が大きくなるのは良いことだが、どの馬よりも瞬発力勝負を求めている馬。雨で渋った馬場状態(重)の影響をまともに受けてしまった印象で11着に大敗した。メイクデビュー京都(芝1800m)を勝ち上がった直後のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)では、上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚を繰り出して優勝している。この馬も良馬場なら巻き返しが可能だろう。

中山・芝2000mを舞台に行われた秋華賞トライアルの紫苑Sで、逃げ切り勝ちを決めたセキショウ(牝3・杉浦宏昭)。今回も逃げの手で展開を作る可能性のある馬だ。通算成績は〔3・2・2・5〕で、ハナを切ったレースでは2戦2勝。また、先行~中団からの競馬でも1勝2着2回3着2回と、自在性も兼備している。直線に急坂のある中山・芝2000mで2勝を挙げており、直線が平坦な京都の内回り・芝2000mはゴール前の粘りが増す可能性が高いだけに、侮れない存在だ。

同じく紫苑Sで2着に入って秋華賞の優先出走権をゲットしたのは、リボントリコロール(牝3・菊沢隆徳)。未勝利(福島・芝2000m)→500万下の出雲崎特別(新潟・芝2200m)を連勝してきた上がり馬で、紫苑Sは逃げたセキショウ(1着)こそ捕まえられなかったが、後方追走から徐々にポジションを上げ、出走馬中最速となる上がり3ハロン34秒9(推定)の末脚を発揮。馬群を割って鋭く追い込んできたレース内容は見どころ十分だった。芝のレースではまだ底を見せておらず、過去5戦中3戦でメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(推定)をマークしている。混戦になれば突き抜けるシーンがあっても驚けない。

ティアーモ(牝3・藤岡健一)は、今年3月のメイクデビュー阪神→500万下の君子蘭賞(ともに阪神・芝1800m)と、逃げ切りでデビュー2連勝を飾った逸材。その後に約2か月の休養を挟んで挑んだオークスでは、好位を追走したものの、勝ち馬のメイショウマンボから1秒2差の6着に敗退した。しかし、わずかキャリア2戦の身で初めての重賞挑戦がGI の大舞台、さらに関東圏への長距離輸送も初めてと、厳しい条件がそろっただけに、度外視できるだろう。オークスのあとは放牧でリフレッシュされ、約3か月の休養明けで臨んだ前走の1000万下・西海賞(小倉・芝1800m)では古馬を相手に好位追走から直線で鮮やかに抜け出し、2着馬を1馬身半突き放す快勝劇を演じた。この中間は栗東坂路でじっくりと乗り込みを消化。休み明けをひと叩きされて、中5週のローテーションで2度目のGI に挑戦する今回は、上位に食い込むチャンスもあるだろう。
JRAより
売上ランキング
  • ライブドアブログ