競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。

競馬

ジョッキー格差の過酷実態「営業下手で騎乗機会が減り…」

アサヒ芸能より

名誉と金を手にしたGⅠジョッキーがウイナーズサークルで両手をあげ、歓声を浴びる─。競馬の世界にはもちろん、そんな光景だけが存在するわけではない。一般社会同様、騎手にも貧富の格差が生まれている現実があり、それが自殺にまで追い込むこともあるのだ。「負け組」たちの過酷な生き残り競争の現実に迫る

 昨年の有馬記念の売り上げが前年比88%と大不振を極めた競馬界。その翌日には青木芳之騎手(35)が自宅で自殺を図るというショッキングなニュースが流れた。美浦トレセンは重苦しい空気に包まれたという。スポーツ紙レース部記者が話す。

「一説にはうつ状態だったとも言われていますが、デビュー時の師匠だった藤沢和雄調教師でさえ、『細かいことはよくわからないんだ』と困惑してました。何しろ、青木騎手は数年前から美浦トレセンのそばに住まず、神奈川県横浜市に自宅を構えていた。朝の調教に姿を現すこともめったになく、昨年4月15日の騎乗が最後で、その後は休業していましたからね」

 95年に藤沢和雄厩舎でデビュー。通算1831戦で106勝の成績だった。あまりにも突然の訃報に、かつての担当トラックマンも言葉を選ぶようにこう語るのだ。

「デビュー2年目に32勝しフェアプレー賞を受賞するなど、将来を嘱望されていました。上昇志向が強く、01年にフリーになり、海外に武者修行に行く一方で、国内の営業力(騎乗馬の確保)はイマイチだった。7年ほど前から、出走馬の優先順位(前走着順や出走間隔など)が見直され、リーディング上位の騎手が安定して手綱を取れるシステムになった。馬主サイドは大歓迎でしたが、営業下手の青木騎手のようなタイプは騎乗機会が減っていきました」

 さらに、外国人騎手の短期免許取得や地方の一流ジョッキーの参戦も、中堅以下クラスの生活を脅かした。トラックマンが続ける。

「青木騎手は4年ほど前から海外行きも視野に入れ、現役続行か、あるいは調教助手に転身するか悩んでいました。08年には藤沢厩舎の有力馬カジノドライブのスタッフとして米国遠征し、調教を任されたりもしていたんです。一方で、09年には韓国のソウル競馬場へ遠征。JRA所属騎手が韓国で短期免許を取得して騎乗するのは初めてでした」

 現役か調教助手か─。この二択の間で葛藤を続けていた「負け組騎手」は、何も青木騎手だけではない。昨年引退したJRA騎手の数からも明らかだ。スポーツ紙デスクが話す。

「青木騎手の自殺と前後して、鈴来直人(30)、池崎祐介(24)、小林慎一郎(31)、野元昭嘉(36)らが駆け込むように引退を表明するなど、2012年の引退騎手は23人にも上った。大半の理由は昨年からローカル開催が減ったことと、今年から厩舎の運営制度上、給与面で大きな改革が行われるからです」

 まずは騎手の稼ぎのシステムを確認しておこう。

 騎手の収入は、その大半がレースの賞金と騎乗手当である。

 例えば、昨年の全国リーディングトップ浜中俊(24)の場合、収得賞金が21億4700万円であり、この5%が騎手の取り分(所得)となる。さらに騎乗手当としてGⅠ12レース(75万6000円)、GⅠ以外の重賞46レース(197万8000円)、その他のレース887回(2306万2000円)分、合計1億3349万6000円となる。

 昨年、年間最多のGⅠ6勝をあげた岩田康誠(38)は、収得賞金額だけでも35億円超。年収は2億5000万円以上と言われる。栗東のトラックマンが話す。

「トップクラスだけでなく、若手の有望株も豪勢な日々を送っていますよ。年間30勝ぐらいのジョッキーなら、20代前半から軽く5000万〜6000万円を稼ぎますからね。ローカル開催の時なんて、ムチとブーツのみで乗り込み、洋服は現地の高級店で値札を見ずに調達。調教終了後、厩舎スタッフや取材記者を引き連れてのランチが高級寿司店や割烹でだったり。お品書きに時価と書かれていても、『いいカニが入ってるよ』なんて声をかけられれば、『じゃ、人数分お願いします』と堂々としたもんです」

 その下の中堅クラスのジョッキーになると、勝ち星よりもとにかく騎乗数が大切になってくるという。栗東トレセン関係者が話す。

「年間20 勝台で、リーディング50位ぐらいでも4000万円ぐらい稼げるし、キャバクラもおごってくれますね(笑)。ただ、昨年からローカル開催の日数が減り、気を引き締めていましたよ。2月の2週目からローカルの小倉開催がありますが、年明け早々から栗東入りしている美浦所属の騎手がいて、びっくりしましたね。そこまで営業をかけないと生き残れない状況になってきている」

 これはどういうことなのか。中央競馬の開催日数は年間288日間。昨年からローカル開催が1カ月(8日間)短縮となり、その分が中央開催になった。前出のレース部記者が解説する。

「簡単に言えば、売り上げが落ちているから。ローカル1日の売り上げが約30億円に対し、中央なら80億円。昨年の有馬記念が3日間開催の中日になったのもそのためです。この変更で泣いたのが、リーディング下位の特に騎乗機会が年間十数回ほどの騎手です」

 自殺した青木騎手も昨年の騎乗数はわずか7鞍。レース収入がとだえたジョッキーは、早朝の調教に乗って、その調教手当などの日銭を稼ぐのである。美浦担当のトラックマンが話す。

「通常、1頭で4000円ほどだそうです。中には月に5万円ほどで、複数の厩舎と契約していた元騎手もいたとか。彼らの稼ぎ時こそがローカル開催でした。複数の開催地に、馬に乗れない厩務員だけで乗り込むことがあるため、調教を担当できるスタッフが手薄になる。そこで下位の騎手に声がかかるんです。通常、8頭が限度といいますが、10 頭も抱える30代の騎手がいましたよ。必然的にローカルなら火曜日から日曜日まで6日間の契約になるし、週末のレース騎乗チャンスも生まれる。1カ月滞在で80万円から100万円ほど稼ぐこともある」

昨年、引退した30代の騎手の中には調教の乗り馬の確保にも行き詰まり、プライドを捨てて20代前半の若手騎手の下でバレット(騎手の馬具を準備するなどの補佐役)のアルバイトまでしている者もいたという。ベテラン厩務員が打ち明ける。

「普通は縁戚関係者や大学の乗馬部の生徒が勉強のためにやる仕事。若手騎手によると、『やらせてくれ』と頼まれたそうで、1日7000円の契約だったそうです。たぶん年収が500万円を割り込み始めていたんでしょうね」
 こうした騎手は、先の豪華ランチ騎手とは対照的に食事も安い大衆居酒屋で割り勘。稼げない騎手でも年収500万円前後という現実は、一般のサラリーマンにとってはぜいたくな話だろうが、騎手の世界ではドン底の格差なのである。

 昨年、1勝もあげられなかった騎手は29名。うち3名は100回以上の騎乗機会があったが、23人もの騎手がバタバタと早期引退を決意した背景には、前述した厩舎の運営システムの変更があるという。前出のデスクが解説する。

「一般的に厩舎は20馬房を所有していて、調教助手と厩務員の10名ほどで2頭ずつ担当し、その他に攻め専と呼ばれるスタッフがいます。彼らの給料は最低の1号から最高の10号までのランクに分かれ、年齢とともに上がっていくシステム。担当馬が重賞を勝ったからとか、能力試験で上がるものではない。新人は月給20万円ほどで、10 号のベテランなら60万円ほどです。騎手が調教助手に転向すれば、その年齢に応じて、例えば5号からスタートするなど、それなりの給料をもらえたんですが、今春から一律に1号スタートになる。家族もいる30代騎手がいきなり20万円スタートとなれば、その前に駆け込み引退して、まだ変更前のシステムにのっとった給料を確保しようと‥‥」
 昨年、「負け組騎手」から相談されたベテランのトラックマンによれば、

「1人は30代妻子持ちで、『生涯賃金に換算すると2000万円以上も変わってしまう』と嘆いていました。若手騎手時代なら1年で稼いでいた金額だけに、複雑な心境ですよね。ただ、担当馬を持てば、騎手同様、5%の賞金が入りますからね。騎手でくすぶり続けるよりも転身を選ぶほうが賢明な選択だと思いました」
 ただ、昨年駆け込み引退した重賞勝ち経験のある30代騎手は、「お金だけじゃないんですよね」と話していたという。ベテラントラックマンが続ける。

「本音は『何としても(騎手に)しがみつきたい』でした。たとえ未勝利戦だろうと、ウイナーズサークルのお立ち台こそが、騎手冥利に尽きる瞬間だったそうです」

 とはいえ、転身した厩舎が傾く可能性もあり、競馬界の格差は簡単には解消されそうにないのである。

藤田伸二騎手「武豊を潰したのは社台とアドマイヤ」JRAこそが犯人だ

アサヒ芸能より

現役騎手の立場でありながら、みずからの職場であるJRAを猛烈批判し、馬主や騎手仲間にも名指しで苦言を呈する。十分すぎる実績を残してきた実力者とはいえ、「タブー」に挑んだ衝撃はGI級。「競馬界の番長」ならではの暴露本出版に、現場からはどよめきの声が上がっているのである。

 目次を見ると、いきなり「序章 さらば競馬界」の文字。引退が決定したかのような決別宣言から始まるのは、5月17日に発売された藤田伸二(41)の著書「騎手の一分」(講談社)である。天皇賞、日本ダービー、ジャパンカップダート、宝塚記念、有馬記念などGIを16勝する一方で、ヤンチャな性格と言動から「番長」と呼ばれる剛腕騎手の衝撃暴露が、これでもかと続くのだ。

〈俺は騎手としてすべてやり遂げたからもう辞める、とまでは言わないけど、「もうやることがない」という気持ちはある。(中略)「今、勝ちたいレースは何か」と訊かれても、もう特にない〉

 こう書いたうえで、引退後は調教師にも馬主にもならないと断言し、競馬界の将来を憂うのだ。

 いきなり飛び出すのは、同僚騎手への苦言や批判。

〈もし、昨年のレース中、後藤が落馬した事故で、俺がそのきっかけを作った康誠の立場だったら(中略)自粛もせずに乗りつづけるなんて、絶対にできない〉

 昨年5月6日のNHKマイルカップ(GI)で、岩田康誠(39)の騎乗馬が斜行し、進路を塞がれた後藤浩輝(39)が落馬、頸椎骨折の重傷を負った。栗東トレセン関係者が言う。

「岩田が『あんなやつ、落としたったわ』と発言したといいます。さすがにそれはないやろ、と騎手や関係者の間で話題になりましたが、藤田はそれを言いたかったんじゃないかな」

 藤田は、今年55勝で全国リーディング1位(6月7日現在)の岩田の騎乗スタイルにもダメ出しした。

〈康誠のように馬の背中にトントンと尻をつけるような追い方だけは、絶対に認めたくない。(中略)馬の背中を痛めてしまうから〉

 さる厩舎関係者はこれに同意する。

「馬の背中の筋肉は収縮するわけだから、そこにドンと尻がついて推進力がアップするとは思えない。かえってマイナスだと思う」

 藤田は蛯名正義(44)も岩田のマネをしていると批判しているが、

「ある厩舎が『蛯名が乗って馬の腰がダメになった』とボヤいていた。岩田が後藤落馬で毒づいたのは、後藤も岩田の乗り方を認めていないからでしょう」(専門紙トラックマン)

 藤田がこうして断じるのも、自身が22年以上の騎手生活でフェアプレー賞17回、特別模範騎手賞を2回受賞するクリーンな乗り手を標榜しているからだろう。

 さらに福永祐一(36)についても、

〈体重が後ろにかかって、懐が開き過ぎることがある。膝でバランスを取ろうとしているから、膝がカックンカックン動いてしまうのはそのせいだ。それでいて、勝ちにこだわった乗り方もしていない〉

 とボロクソなのである。
 藤田は岩田と福永がよほど嫌いなのか知らないが、

〈成績がいい人が腕もないのに若手を威圧している。康誠とか祐一は、しょっちゅう制裁を食らっているけれど、それでいてジョッキールームでは若手に対して「危ないじゃないか」と怒っている〉

 ともバラしている。藤田ファンの作家・亀和田武氏はこう話す。

「フェアプレー賞を取り続けたことを誇りに思って、それができない騎手に苦言を呈する。男藤田の純情があふれていると思います。藤田はレース後に検量室に戻って若い騎手をシメることがよくありますが、そういう背景がよく表れていますね。この著書にも具体的に書かれていますし」

 亀和田氏が指摘するくだりというのは、

〈斜め前にいた川島が、コーナーを回っているのにバンバン外から鞭を入れている。あんなことされたら普通は馬が嫌がってヨレてしまう。(中略)だからレース後に川島を呼んでこう言ったんだ。「お前なあ、コーナーで鞭をあんなにいれてどうする?」って〉

 岩田と福永は単なる威圧、藤田は指導、ということだろう。だが一方で、こんな声があるのは不思議といえば不思議だが‥‥。

「札幌や函館ではいわゆる藤田ラインの騎手、例えば藤岡佑介(27)、松田大作(34)、池添謙一(33)などは、藤田が逃げると誰も競っていかないのが暗黙の了解でした。若い騎手がスッと競ったりすると、レース後に競馬新聞を叩きつけて『お前、流れが読めねぇのか』などと詰め寄っていた。競馬だから競ってナンボなのに。記者の間では“恫喝逃げ”と呼んでいました」(前出・トラックマン)

 競馬ライターがあとを引き取る。

「かつて三浦皇成(23)が競りかけて藤田が恫喝した際、河野通文調教師が『ウチの騎手に何を言うんだ』と怒った件もありましたね」

 さて、とりわけ印象的なのは「なぜ武豊は勝てなくなったのか」という章が独立して設けられていること。05年の年間212勝をピークに武豊(44)は下降線をたどり、別人のように勝ち鞍が激減したことをあげ、

〈あの武豊をこんな状態にしたのは誰なのか──〉

 と「犯人捜し」に着手しているのだ。藤田はまず、06年から導入された「エージェント制度」をヤリ玉にあげた。これは各騎手と契約した競馬専門紙の記者や元記者が、厩舎や馬主と騎手の仲介者として騎乗馬を決めるシステムである。

続きを読む

毎日王冠GII 出走馬情報

JRAより
出走馬情報

秋の東京競馬の開幕を告げる重賞レースとして、芝1800mの距離で行われている毎日王冠は、3歳以上の芝・中距離部門の頂上決戦である天皇賞(秋)の前哨戦。数あるGII の中でも特に豪華なメンバーが集まる傾向にあり、過去には歴史に残るビッグネームたちが数々の名勝負を繰り広げてきた。今年も、複数のGI タイトルを持つ強豪、春のクラシックを沸かせた3歳の大物、夏場にぐんぐん力をつけてきた上がり馬と、実にバラエティーに富んだラインナップ。春以来の開催で絶好の馬場状態となっている芝コースを舞台に、ハイレベルなV争いが繰り広げられる。

出走メンバーの中で実績ナンバー1は、文句なしにエイシンフラッシュ(牡6・藤原英昭)だ。2010年日本ダービー、2012年天皇賞(秋)とGI を2勝しており、その他にも2011年の天皇賞(春)、有馬記念で2着と、GI での好走歴は多数。海外にも2度遠征し、2012年の国際G1・ドバイワールドC(メイダン・オールウェザー2000m)は6着、前走の国際G1・クイーンエリザベス2世C(シャティン・芝2000m)では3着に食い込んでいる。今回は帰国初戦で約5か月ぶりの実戦になるが、9月26日の1週前追い切りは栗東CWコースで併走馬に先着と、鋭い動きを披露している。臨戦態勢を着々と整えており、始動戦から存在感を示してくれるはずだ。

GI 勝ちこそないものの、昨年以降はハイレベルな走りを続けているのがショウナンマイティ(牡5・梅田智之)。昨年4月の産経大阪杯で重賞初制覇を飾ると、2走後の宝塚記念では優勝馬オルフェーヴル、2着馬ルーラーシップというワールドクラスの強豪に次ぐ3着と好走した。その後に7か月半の長期休養があったが、復帰後も今年の京都記念3着、産経大阪杯2着と堅実な走りを披露。初めて芝1600mに出走した前走の安田記念では、優勝馬ロードカナロアをクビ差まで追い詰めて2着を確保している。待望のGI タイトル奪取に向けて、秋シーズンの初戦となるここで好スタートを切りたいところだろう。

現3歳世代からは、デビュー当時から圧巻のパフォーマンスを披露してきたコディーノ(牡3・藤沢和雄)が参戦。昨年8月にメイクデビュー札幌(芝1800m)で初陣Vを飾ったあと、札幌2歳S→東京スポーツ杯2歳Sと、破竹のデビュー3連勝。4戦目の朝日杯フューチュリティSで2着と初黒星を喫し、3歳になってからは弥生賞3着→皐月賞3着→日本ダービー9着と、成績を落としたものの、世代トップクラスの実力を持っているのは間違いない。夏場を休養にあてて、リフレッシュ。東京スポーツ杯2歳Sを2歳コースレコード(1分46秒0)で快勝した東京・芝1800mの舞台から再出発となる今回、その非凡な素質を見直す必要がある。

クラレント(牡4・橋口弘次郎)は、2歳時にメイクデビュー京都(芝1400m)→デイリー杯2歳Sを連勝した好素材。その後は勝ち星から遠ざかっていたが、3歳時の昨年10月に富士Sを鮮やかに差し切って重賞2勝目。4歳を迎えた今年は、始動戦の東京新聞杯、前走のエプソムCと、重賞タイトルをさらに2つ上積みした。3歳以降のGIII 3勝はすべて東京・芝コースで挙げており、芝1800mの距離も前走のエプソムC優勝で適性を実証済み。GII の今回は相手関係がこれまでよりも大幅に強化されるが、舞台設定は申し分ないだけに好勝負の期待が高まる。

そのクラレントとエプソムCでハナ差の大接戦(2着)を演じたジャスタウェイ(牡4・須貝尚介)も有力候補の一頭だ。重賞タイトルは3歳春のアーリントンCのみだが、一昨年の新潟2歳S、昨年の毎日王冠、今年のエプソムC、関屋記念と、重賞2着は4回。また、昨年はGI の天皇賞(秋)でも優勝馬エイシンフラッシュから0秒5差の6着に入っており、大きなところを十分に狙える底力を持っている。前走の関屋記念以来、約2か月ぶりの実戦となるが、9月中旬から栗東坂路で順調に追い切りを消化しており、臨戦態勢は整っている印象。上位争いに加わってくる公算が大きい。

レッドスパーダ(牡7・藤沢和雄)は、2009年のNHKマイルCで2着に食い込むなど、早い段階から父譲りのスピードを武器に活躍した、タイキシャトル産駒。翌2010年の東京新聞杯で重賞初制覇を飾り、さらなる飛躍が期待されたが、その後は順調さを欠いて休養を繰り返した。7歳を迎えた今年はコンスタントに使い込まれ、徐々にレース内容も良化。前々走のオープン特別・パラダイスS(東京・芝1400m)で約3年半ぶりの勝利を挙げると、前走の関屋記念も連勝して完全復活を遂げた。休養期間が長いため、7歳でもキャリアはまだ20戦。これから充実期を迎えそうな気配が漂っている。 ダークシャドウ(牡6・堀宣行)は、4歳時の2011年に大活躍したダンスインザダーク産駒。エプソムCと毎日王冠を連勝し、勢いに乗ってGI に初挑戦した天皇賞(秋)でも、JRAレコード(1分56秒1)で優勝したトーセンジョーダンから0秒1差の2着に好走。その後は勝ち星から遠ざかっており、6歳を迎えた今年の春シーズンは産経大阪杯5着、安田記念6着と案外な成績が続いた。やや勢いが鈍っている印象は否めないが、まだまだ底力は健在なはず。舞台は重賞2勝を挙げているベストの東京・芝1800m。調教でも素軽い動きを見せているだけに、軽視は禁物だろう。

エキストラエンド(牡4・角居勝彦)は、3歳クラシックの前哨戦で敗れて大舞台に立てなかったが、4歳を迎えた今年の春シーズンに本格化。東京・芝コースで1600万下のシンボリルドルフC(1800m)を制したあと、クラス再編成で降級初戦となった前走の1600万下・ジューンS(2000m)を連勝し、みたびオープンクラスに戻ってきた。芝1800~2000mの距離では〔4・0・0・2〕の好成績ですべて掲示板(5着以内)を確保しており、まだ底を見せていない印象がある。父はディープインパクト、半弟に重賞4勝を挙げたローエングリンを持つ良血馬。まだまだ強くなる可能性を秘めている。

タッチミーノット(牡7・奥平雅士)は、7歳を迎えた今年初戦の中山金杯で待望の重賞初制覇を達成。その後も中山記念4着→日経賞4着→目黒記念5着と、勝ちきれないながらもコンスタントに上位争いを演じた。約2か月半の休養を挟んで出走した前走の札幌記念(今年は函館競馬場で開催)では優勝馬トウケイヘイローから4秒2も離された8着に大敗したが、不得手な道悪、それも極端に悪化した馬場状態(重)だったことを考慮すれば、度外視できる。7歳でも衰えは感じられず、良馬場でレースを迎えることができれば、上位争いに加わってくるだろう。

ミッキードリーム(牡6・音無秀孝)は、2011年朝日チャレンジCの優勝馬。その後は2年以上も勝ち星から遠ざかっており、昨年の秋以降は4戦連続で二桁着順の大敗を喫するなど低迷したが、3走前の中京記念で13番人気の低評価を覆して2着に好走。前走の京成杯オータムHでも10番人気で4着に食い込んでおり、一時期の不振からはすっかり立ち直った感がある。2011年の毎日王冠では勝ち馬のダークシャドウからクビ+クビ差の3着に善戦しており、強力メンバーがそろった今年も侮れない存在だ。
売上ランキング
  • ライブドアブログ