競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。

第31回

飛躍を誓う3歳牝馬によるマイル重賞「第31回 フェアリーステークス」

飛躍を誓う3歳牝馬によるマイル重賞「第31回 フェアリーステークス」
2009年以降、年明けの中山・芝1600mを舞台として行われているフェアリーSは、3歳牝馬たちが覇を競う重賞レース。このあとは、2月のクイーンCや、桜花賞の各トライアル競走を経て、本番に向かう牝馬クラシック路線が確立されている。若き乙女たちの将来を占う意味でも重要な一戦と言えるだろう。近年は僅差で決着するシーンが多く、2013年は優勝馬クラウンロゼから5着馬スイートサルサまでのタイム差が0秒1。2014年も優勝馬オメガハートロックから7着馬シーロアまでが0秒2差以内でゴールインする大接戦になっており、ゴール前では白熱した攻防が繰り広げられている。新春の中山競馬場のターフで輝きを放ち、桜の季節を待つのはどの馬か?乙女たちの熱戦から目を離せない。

オーミアリス(牝3・藤沢則雄)は、前々走の小倉2歳Sで17頭立ての15番人気という低評価を覆して重賞初制覇を達成したホワイトマズル産駒。道中は後方に待機してじっくり脚をため、最後の直線で大外に持ち出されると、前を走っていた馬たちをごぼう抜き。マークした上がり3ハロン34秒3(推定)は出走メンバー中断然の1位で、その切れ味は一級品と言えるもの。約3か月の休み明けでの出走となった前走の阪神ジュベナイルフィリーズの敗戦(9着)は、スタートで後手に回ったうえに、向正面で他の馬に寄られるアクシデントがありスムーズなレースができなかったためで、参考外と判断してもいいだろう。今回は初参戦の中山・芝1600mが舞台となるが、距離は前走に続いて2度目で慣れが見込めるうえ、放牧明けを一度使われて状態面の上積みも期待できるだけに、2つ目の重賞タイトル獲得も十分に可能だろう。

ハーツクライ産駒のコートシャルマン(牝3・松永幹夫)は、半兄に2012年の安田記念優勝馬ストロングリターン(父シンボリクリスエス)、半姉に2013年の桜花賞2着馬レッドオーヴァル(父ディープインパクト)を持つ、厩舎期待の良血馬。単勝オッズ1.4倍の圧倒的な1番人気の支持を受けて登場した7月6日のメイクデビュー中京(芝1400m)では、素晴らしい切れ味を発揮して初陣勝ち。2戦目の500万下・りんどう賞(京都・芝1400m)でも、最後の直線で馬群の外に持ち出されると、目の覚めるような末脚を披露して2連勝を達成。前評判に違わぬ能力の高さを示した。3番人気の支持を受けた前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは、道中でうまくスタミナを温存できなかったことで、身上の末脚を発揮できず10着と大敗を喫した。しかし、レース後は疲れもなく、この中間の調教でも引き続き軽快なフットワークを見せて好調をアピールしているだけに、今回初参戦となる中山・芝1600mが舞台でも巻き返しは十分に可能だろう。重賞初制覇のチャンス到来だ。

ハービンジャー産駒のカービングパス(牝3・藤沢和雄)は、母に2003年の京都牝馬S優勝馬ハッピーパスを持つ、厩舎ゆかりの良血馬。母は、3歳時の2001年にクイーンC2着→フィリーズレビュー2着→桜花賞4着→オークス7着とクラシック路線を歩んだが、この馬も、8月10日のメイクデビュー札幌(芝1500m)を鮮やかな末脚で制し、素質と完成度の高さをアピールしている。前走の500万下・赤松賞(東京・芝1600m)では、ゴール前のひと伸びを欠き1番人気の支持に応えることはできなかったが、3着を確保。勝ち馬のディアマイダーリンとのタイム差はわずかに0秒1で、約3か月半の休み明けだったことを考慮すれば、次につながる内容と判断してもいいだろう。この中間は美浦坂路で軽快なフットワークを披露しており、実戦を一度使われた効果がうかがえる。今回は重賞初挑戦になるが、素質では互角以上の存在と思えるだけに、重賞タイトル獲得のシーンが期待される。

テンダリーヴォイス(牝3・萩原清)は、6月22日にメイクデビュー東京(芝1600m)を快勝、2戦目の500万下・アスター賞(新潟・芝1600m)でも勝ち馬のコスモナインボールからクビ差の2着に好走しているように、早い時期から能力の高さを見せていたディープインパクト産駒。前々走のアルテミスSは10着と大敗を喫したが、巻き返しを期した前走の500万下・赤松賞では、好位追走から上がり3ハロン33秒8(推定)の末脚を繰り出して2着に好走。勝ち馬のディアマイダーリンとはハナ差の接戦で、勝ちに等しい内容と言っていいだろう。今回は初めて右回りコースに出走するが、レースセンスの良さと器用さを備えているだけに、問題なく対応できるだろう。中間の調教でもはつらつとした動きを続けており、好勝負が期待できる。

アルデバランII 産駒のトーセンラーク(牝3・菅原泰夫)は、6月7日のメイクデビュー東京(芝1400m)で5着に敗れたあと、2戦目の未勝利(東京・芝1600m)で初勝利をマーク。その後は北海道に遠征し、函館2歳S4着→オープン特別のクローバー賞(札幌・芝1500m)優勝という活躍を見せた。約3か月の休養明けで臨んだ3走前のアルテミスSでは、道中は好位を追走し、最後の直線でも粘り強い末脚を発揮して、勝ち馬のココロノアイから0秒2差の3着に好走。重賞タイトル獲得に向けて確かな手応えをつかんだ。前々走のJpnII・兵庫ジュニアグランプリ(園田・ダート1400m)3着を経てエントリーした前走の阪神ジュベナイルフィリーズは17着と大敗を喫したが、向正面で他の馬に寄られるアクシデントがあっただけに、この一戦だけで見限ることはできないだろう。先行して抜け出す器用さがあるうえに、じっくり脚をためればゴール前で瞬発力を発揮できるタイプ。強敵を相手に戦ってきた経験を活かせば勝機は見出せそうだ。

キングカメハメハ産駒のアドマイヤピンク(牝3・戸田博文)は、今回と同じ中山・芝1600mで行われた前走の500万下・ひいらぎ賞で大外から鋭い末脚を発揮。勝ち馬のキャットコインから1馬身1/4差の2着に好走し、能力とコース適性の高さを示している。稍重発表の馬場状態を考慮すれば、1分35秒3の走破タイムも上々。3走前のオープン特別・芙蓉S(新潟・芝1800m)では逃げる競馬で4着という結果だったが、現時点では、道中で脚をためて最後の直線での末脚勝負に徹するレースのほうが持ち味を活かせる印象だ。すでに中山・芝1600mを経験して好結果を残していることはアドバンテージになる。ハイペースの展開になれば、ゴール前で一気に追い込んでくる場面がありそうだ。磨きをかけた末脚で重賞のタイトル奪取に挑む。

ブラックタイド産駒のエヴァンジル(牝3・菊川正達)は、11月30日のメイクデビュー東京(芝1600m)で初陣を迎えたものの、スタートがひと息で道中は後方のインを追走。しかし、最後の直線では狭いスペースにも臆することなく、馬群の中からメンバー中最速の上がり3ハロン34秒3(推定)の末脚を披露して、勝ち馬のトゥルッリからクビ差の2着まで追い上げた。3着馬ウインオリファンには3馬身差をつけており、中身の濃いレース内容と言える。2戦目の未勝利(中山・芝1800m)でも、最後の直線で内から見事な瞬発力を発揮。レトロクラシック(2着)をクビ差交わして初勝利を飾った。まだキャリアは2戦だが、非凡な勝負根性に加えて、鋭い切れ味も兼備。初の重賞挑戦で相手は強化されるが、好勝負が期待される一頭だ。

ローデッド(牝3・荒川義之)は、半姉に重賞4勝馬オースミハルカ(父フサイチコンコルド)、半兄に2006年と2008年の新潟大賞典優勝馬オースミグラスワン(父グラスワンダー)を持つディープインパクト産駒。デビュー3戦目となった前走の未勝利(中京・芝2000m)で、2分02秒2の2歳コースレコードをマークして初勝利をマークした。今回は、重賞初挑戦のうえに、前走から距離が400m短縮される点が鍵となる。これまでの3戦はすべてスタートで後手に回っているだけに、順調にレースを進めて、しっかりと能力を発揮したいところだ。

メイショウメイゲツ(牝3・小島太)は、昨年8月2日のメイクデビュー新潟(芝1400m)で初陣を飾ったディープインパクト産駒。互角のスタートからスッと好位置につけると、最後の直線でもシャープな反応を示し、楽に抜け出すセンスの良さを見せた。3か月の休養を経て臨んだ前々走のアルテミスSでは、道中で折り合いを欠くような面を見せて17頭立ての16着に敗れたが、前走の500万下・赤松賞では、出走馬中最速タイとなる上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を繰り出してインを強襲。勝ち馬のディアマイダーリンから0秒3差の4着まで追い上げ、あらためて能力の高さを示した。今回は初参戦の中山・芝コースが舞台となるが、これまで先行・差しと自在のレースぶりを見せており、対応は十分に可能だろう。中間の調教の動きから目下の状態の良さも目立つ一頭だけに、上位進出が期待される。

マラケシュ(牝3・佐藤吉勝)は、10月25日のメイクデビュー東京(芝1600m)を逃げ切って好発進を遂げたヴァーミリアン産駒。2戦目となった前走の500万下・赤松賞では、見せ場を作ることができず11頭立ての11着と大敗を喫したが、控える競馬になり持ち味を出せなかった印象。初戦のようにうまくマイペースに持ち込むレースができれば、大きく巻き返すことも可能だろう。この中間の調教では目立つ動きを披露しているだけに、前走の敗戦だけで見限ることはできない。

ケイムホーム産駒のトラストレイカ(牝3・尾関知人)は、美浦トレーニング・センターへ入厩したあとに軽い骨折をしてデビューが遅れたが、12月13日のメイクデビュー中山(ダート1200m)でいきなり初勝利をマーク。ダートのレースでの初陣だったが、軽いフットワークを見せていただけに、芝のレースにも十分に対応可能だろう。前走後は、実戦を使われた反動もなく好調を維持。一気の相手強化と初の芝コースをクリアして、重賞初制覇を飾りたいところだ。

2014年12月28日(日) 4回中山8日 9R 第31回 ホープフルステークス(GII)

2014年12月28日(日)
4回中山8日 9R 第31回 ホープフルステークス(GII)

3連単軸1頭

⑨-①③⑤②

大幅にリニューアルされたクラシック前哨戦 「第31回 ホープフルステークス」

大幅にリニューアルされたクラシック前哨戦 「第31回 ホープフルステークス」
昨年までこの時期に阪神・芝2000mで行われていたラジオNIKKEI杯2歳Sが、今年からホープフルSに改称され、グレードはGIII からGII に、コースも中山・芝2000mに変更された。昨年のラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったワンアンドオンリーは、今年の日本ダービーを制して世代の頂点に立った。これまでクラシックウイナーを数多く輩出してきたレースだけに、リニューアルされた今後も将来性豊かな2歳馬による熱戦が期待できるだろう。今回は過去10年のラジオNIKKEI杯2歳Sをサンプルとして、コース変更の影響が小さそうなファクターを中心にレースの傾向を分析してみたい。

出走馬情報
2歳馬の競走体系のさらなる充実とローテーションを整備する観点から、昨年まで暮れに阪神・芝2000mで行われていたGIII の“ラジオNIKKEI杯2歳S”が、皐月賞と同じ中山・芝2000mに舞台を移したうえで、今年からGII に格上げされ、“ホープフルS”と名称を変更して行われることになった。2歳馬の芝・中距離路線の頂点に位置づけされたことで、今後はその重要性が一段と増していくことだろう。今年の登録メンバーは大半が1勝馬ながら、豊かな将来性を感じさせる若駒が多数エントリー。この一戦を制して、来年のクラシック候補に名乗りを上げるのは果たしてどの馬だろうか。

出走メンバーの中で実績ナンバー1は、ダイワメジャー産駒のダノンメジャー(牡2・橋口弘次郎)だ。8月10日のメイクデビュー小倉(芝1800m)を1番人気に応えて勝ち上がると、2戦目のオープン特別・野路菊S(阪神・芝1800m)も鮮やかに差し切って連勝。その後に約2か月半の休養を挟んで出走した前走の新設GIII・ラジオNIKKEI杯京都2歳Sでは2着と初黒星を喫したものの、優勝馬ベルラップとタイム差なしの接戦を演じた。まだ底を見せていない点は、大きなセールスポイントと言える。中3週のローテーションで臨む今回は、上積みを見込める臨戦課程。栗東坂路で12月18日に4ハロン57秒4、21日に同56秒2の時計をマークするなど、順調に調整が進められている。ここは、重賞初制覇の大きなチャンスだろう。

ソールインパクト(牡2・戸田博文)は、デビュー前から素材の良さを高く評価されていたディープインパクト産駒。8月10日のメイクデビュー新潟、2戦目の未勝利(ともに新潟・芝1600m)はいずれも1番人気で2着に惜敗したが、3戦目の未勝利(東京・芝1600m)で初勝利を飾ると、一気に相手関係が強化された前走の東京スポーツ杯2歳Sでも優勝馬サトノクラウンから0秒1差の3着と上位争いを演じた。JRAでデビューした半兄の2頭、クリティカルヒット(父Smart Strike)とファイネスト(父ゼンノロブロイ)はこれまでに勝ち鞍をすべてダートのレースで挙げているが、本馬は芝で父譲りの鋭い決め手を発揮している。キャリアを積みながら徐々に力をつけている印象もあり、前走以上のパフォーマンスが期待できるだろう。

11月9日のメイクデビュー京都(芝2000m)で2着馬クロイツェルに3馬身1/2差をつけて楽勝したシャイニングレイ(牡2・高野友和)も、大いに注目したいディープインパクト産駒だ。母シェルズレイは、3歳時の2006年にチューリップ賞とローズSでともに2着と好走し、桜花賞と秋華賞でともに5着と掲示板を確保するなど、牝馬三冠戦線を大いににぎわせた活躍馬。本馬を含め、これまでにJRAでデビューした産駒4頭がすべて勝利を挙げており、繁殖牝馬としても高い資質を示している。1戦1勝の身でいきなり重賞に挑戦するのは決して楽ではないが、本馬の素質は間違いなく一級品。母が手に入れることができなかった重賞タイトルを、この馬はデビュー2戦目であっさりと獲得する可能性も十分にあるだろう。

ティルナノーグ(牡2・松永幹夫)も、育成時代から注目を集めていたディープインパクト産駒の逸材だ。単勝オッズ1.5倍という断然の1番人気に推された6月29日のメイクデビュー阪神(芝1800m)で、先行策から競り合いを制して初陣V。その後に約3か月半の休養を挟んで出走した500万下の紫菊賞(京都・芝2000m)では、一転した待機策から最後の直線で素晴らしい末脚を繰り出し、2分00秒5の2歳コースレコードをマークして連勝を飾った。3戦目となった前走のラジオNIKKEI杯京都2歳Sでは7着と思わぬ完敗を喫したが、デビュー2戦のパフォーマンスは文句なしにハイレベル。一度の敗戦で底を見せたと考えるのは早計で、今回も有力候補の一頭に数えられる。

ディープインパクトの全兄にあたるブラックタイドを父に持つコメート(牡2・土田稔)は、デビュー2戦目の未勝利(福島・芝1800m)で初勝利をマーク。さらに、12番人気と注目度が低かった3戦目の新潟2歳Sでも、2歳コースレコード(1分33秒4)で優勝したミュゼスルタンから0秒4差の4着に食い込み、8番人気の低評価を覆した未勝利Vが本来の実力であったことを証明した。続く前走の500万下・きんもくせい特別(福島・芝1800m)では、デビュー以来初めて1番人気に支持され、2番手追走から直線であっさりと抜け出し、2着馬の追撃をクビ差退けるという期待どおりの走りで2勝目をマーク。勇躍、重賞のホープフルSに駒を進めてきた。今回、特別登録を行ったJRA所属馬で2勝を挙げているのは、本馬を含めて3頭のみ。十分に戴冠を狙える位置にいる。

タンタアレグリア(牡2・国枝栄)は、厩舎期待のゼンノロブロイ産駒。7月6日のメイクデビュー福島(芝1800m)ではスタートで出遅れながらも後方追走から最後の直線で強烈な末脚を繰り出して2着まで追い上げた。2戦目の未勝利(新潟・芝1600m)もハナ差の2着に惜敗したが、約4か月の休養を挟んで出走した前走の未勝利(東京・芝2000m)を直線で外から一気に差し切り、3戦目で初勝利をマークしている。同じ国枝栄厩舎所属で、2012年に桜花賞トライアルのアネモネS(中山・芝1600m)と秋華賞トライアルの紫苑S(中山・芝2000m)を制したパララサルー(父ディープインパクト)の半弟にあたる良血馬。先週の朝日杯フューチュリティSを制したダノンプラチナに続き、国枝栄厩舎からまた一頭、クラシック候補の誕生なるか。レースでの走りが実に楽しみだ。
ハーツクライ産駒のシュヴァルグラン(牡2・友道康夫)は、9月21日のメイクデビュー阪神(芝2000m)ではクビ差の2着に惜敗したものの、2戦目の未勝利(京都・芝2000m)を1番人気の支持に応えて順当に初勝利。続く前走のラジオNIKKEI杯京都2歳Sは8頭立ての5番人気だったが、最後方から出走馬中最速の上がり3ハロンタイム(34秒3、推定)をマークして3着まで追い込んだ。2013年と2014年のヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナ(父ディープインパクト)の半弟にあたる良血馬。その姉ヴィルシーナは、このホープフルS(9R)当日のメインレースとして行われる有馬記念(10R)に出走を予定しており、姉弟による同日&同場での重賞制覇というグレード制導入後、初の快挙も懸かっている。

エニグマバリエート(牡2・戸田博文)は、10月12日のメイクデビュー東京(芝1800m)では中団後方からじりじりとしか伸びずに5着に敗れたが、2戦目の未勝利(東京・芝2000m)でレースぶりが一変。道中3番手追走から最後の直線で早めに先頭に立ち、1番人気の支持を受けたヒアカムズザサン(2着)の追撃をクビ差しのいで初勝利を挙げた。母ティエッチグレースは2003年のアイビスサマーダッシュ2着などスプリント路線で活躍したが、父ハーツクライの影響を強く受けた印象がある本馬は芝の中長距離に高い適性を感じさせる。前走の走りを見る限り、小回りでスピードの活きる中山・芝コースは合っている公算が大きい。
レトロロック(牡2・角居勝彦)は、8月31日のメイクデビュー小倉(芝1800m)を1番人気に応えて鮮やかに差し切ったディープインパクト産駒。2戦目の500万下・黄菊賞(京都・芝2000m)はハナ差の2着に惜敗したが、先着を許した1着馬ベルラップは、次走のラジオNIKKEI杯京都2歳Sを制覇。価値の高い2着と評価するべきだろう。前走の500万下・シクラメン賞(阪神・芝1800m)では、道中で折り合いを欠いて6着に完敗しているが、潜在能力は間違いなく重賞級。スムーズに折り合ってレースを運べるようなら、V争いに加わってくるだろう。

バゴ産駒のブラックバゴ(牡2・斎藤誠)は、2番人気の支持を受けた9月14日のメイクデビュー新潟(芝1800m)で2着を確保したあと、2か月半の間隔をあけて臨んだ前走の未勝利(東京・芝1800m)では、中団追走からメンバー中2位となる上がり3ハロン34秒2(推定)の末脚を発揮して鮮やかに差し切った。重賞のメンバーに入っても、決め手の鋭さはまったく引けを取らないものがある。

ヒルノマレット(牡2・北出成人)は、7月26日のメイクデビュー中京(芝1600m)で初陣を飾ったキングカメハメハ産駒。大外8枠16番からスタートし、二の脚を利かせて2番手までポジションを上げると、直線半ばから力強く抜け出して1馬身3/4差の快勝劇を演じた。前走のオープン特別・野路菊Sでは互角のスタートから二の脚を利かせて先手を奪い、優勝馬ダノンメジャーから0秒3差の4着に逃げ粘っている。脚をためる形よりも、スピードを活かす形で前々につけて、直線でしぶとさを発揮する競馬が合っている印象が強い。中山・芝2000mの舞台は脚質的に向いているはずだ。

現2歳世代が初年度産駒デビューとなる輸入新種牡馬バトルプランを父に持つマイネルシュバリエ(牡2・和田正道)は、7月27日のメイクデビュー福島(芝1800m)を1番人気に応えて快勝。2戦目の札幌2歳Sでは14頭立ての11番人気と注目度は低かったが、3番手追走からゴールまでしぶとく末脚を伸ばして、優勝馬ブライトエンブレムから0秒2差の2着に好走した。前走の東京スポーツ杯2歳Sは12着と大敗を喫したが、約2か月半ぶりの実戦で馬体重(478キロ)がプラス20キロと大幅に増えていたうえに、イレ込んで本来の力を発揮できなかった印象が強い。中4週で臨む今回、見直す余地は十分に残されているだろう。
売上ランキング
  • ライブドアブログ