競馬予想&WIN5的中を目指す!!

究極の穴馬の発掘、中央競馬メインで重賞競走とWIN5の情報伝達&独自の3連単予想
1頭軸相手5頭の予想をしてます。
参考程度にご覧ください。

第75回

歴史的名牝の素質が開花する牝馬クラシック第一戦 「第75回 桜花賞」

歴史的名牝の素質が開花する牝馬クラシック第一戦 「第75回 桜花賞」

馬名プロファイル

第75回 桜花賞(GI)出走予定馬映像

予想

3連単BOX

⑥⑪⑮⑧⑨

3歳牝馬クラシック初戦となる桜花賞。桜の花が咲き誇るもとで乙女たちが覇を競うこの一戦は、数あるJRAのGI の中でも見る者に最も華やかな印象を与えている。阪神・外回りの芝1600mを舞台に毎年見応えあるレースが繰り広げられているが、今年の3歳牝馬は例年以上にハイレベル。デビューから無傷の3連勝で重賞勝ち馬へと駆け上がってきた3頭をはじめ、その他の面々も、いずれ劣らぬ素質馬が今回の大舞台に顔をそろえた。新たなスターホースが誕生しそうな今年の出走馬をチェックしていきたい。

昨年の優勝馬ハープスターに続き、今年も世界の舞台を意識させる馬が登場する。3戦3勝の無敗でGI の舞台に躍り出るマンハッタンカフェ産駒のルージュバック(牝3・大竹正博)がその馬で、スケールの大きさでは前年の覇者をしのぐ可能性すら感じさせる。前々走の500万下・百日草特別(東京・芝2000m)では、のちに京成杯を優勝するベルーフ(2着)に2馬身1/2差をつけたうえで、2歳コースレコードの2分00秒8をマークして優勝。3か月の休み明けで重賞に初挑戦した前走のきさらぎ賞でも、牡馬の強敵を相手に難なく完封して勝利を収めた。牝馬限定レースには目もくれず、適性の高い舞台に出走することを優先する姿勢に、陣営の自信の大きさを感じる。本レースをも通過点にするようなら、近い将来、世界の大舞台で走る姿が見られるかもしれない。

前述のルージュバックという大物がいるにもかかわらず、同馬が話題を独占とはならないところに今年のメンバーのレベルがいかに高いかが表れている。前走のフィリーズレビューを制したクイーンズリング(牝3・吉村圭司)も、3戦3勝の無敗の重賞勝ち馬で、父がマンハッタンカフェという点もルージュバックと同じ。前走は、マイナス20キロ(444キロ)という大幅な馬体減をものともせず、4コーナー13番手の位置から最後の直線で鋭い末脚を発揮して勝利。素質はかなり高そうだ。前走の阪神・芝の内回りコースから、今回、直線の長い外回りコースへ替わる点は歓迎材料。前の馬をまとめて交わして先頭ゴールを果たす可能性は十分にある。

キャットコイン(牝3・二ノ宮敬宇)も、重賞初挑戦となった前走のクイーンCを優勝し、デビューから無傷の3連勝を達成。勇躍、桜花賞に駒を進めてきた。ステイゴールド産駒らしい我の強さを持っていながらも、実戦ではしっかりと折り合えるのがこの馬のセールスポイントだ。前走後は放牧でレースの疲れを癒やし、3月20日に美浦トレーニング・センターへ帰厩。28日には早めに栗東へ移動して万全の態勢を整えている。本馬と同じ二ノ宮敬宇厩舎所属の2歳女王ショウナンアデラは、骨折が判明して桜花賞への出走を断念。その分まで頑張りたいところだ。

桜花賞のトライアルの中でも最も本番につながりやすいと言われるチューリップ賞を制したのは、関東馬のココロノアイ(牝3・尾関知人)。これで重賞の勝ち鞍は昨年のアルテミスSに続き2つ目。暮れには阪神ジュベナイルフィリーズでも3着に好走しており、実績という点では今回のメンバーに入っても上位と言える。本馬もキャットコインと同じステイゴールド産駒だが、こちらは気性の激しさを感じるタイプだけに、レース当日のテンションが鍵になる。落ち着いて走ることができれば、今回も好勝負を演じられるはずだ。

2011年のマルセリーナ、2012年のジェンティルドンナ、2013年のアユサン、2014年のハープスターと、ここ4年連続でディープインパクト産駒が桜花賞を制覇。今年も同産駒の素質馬たちが出走を予定している。そのうちの一頭、アンドリエッテ(牝3・牧田和弥)は、前走のチューリップ賞で、ディープインパクト産駒がそれほど得意ではないとされる力の要る馬場(重)を克服して2着に好走。本番への優先出走権を獲得した。直線で瞬発力を発揮して追い込むタイプで、今回、良馬場での出走がかなえば、逆転も十分に可能だろう。

前々走のオープン特別・紅梅S(京都・芝1400m)を優勝したディープインパクト産駒のコンテッサトゥーレ(牝3・安田隆行)は、前走のチューリップ賞で6着と敗退。雨が降る中で行われたレースで、パワーの要る馬場(重)が向かず能力を発揮しきれなかった可能性が高い。今回、良馬場での出走がかなえば、前走のようなことはないはずだ。2008年の皐月賞を優勝した半兄キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン)に続いて、クラシックレースを制覇できるか、注目の一頭だ。

ディープインパクト産駒のクルミナル(牝3・須貝尚介)は、1月25日のメイクデビュー京都(芝1800m、1着)から中1週のローテーションで臨んだ前々走のオープン特別・エルフィンS(京都・芝1600m)を優勝。デビュー2連勝をマークして、桜花賞馬候補に名乗りを挙げた。前走のチューリップ賞では、1番人気に支持されたものの11着と大敗を喫したが、本馬も、パワーを要する馬場コンディションが合わなかった模様。今回、良馬場での瞬発力勝負になって、父譲りの鋭い末脚を発揮できれば、巻き返しは十分に可能だろう。

桜花賞トライアルのアネモネS(中山・芝1600m)を優勝したテンダリーヴォイス(牝3・萩原清)も、ディープインパクト産駒。過去の桜花賞の傾向を見ると、アネモネS組は、本番での成績という点ではチューリップ賞組やフィリーズレビュー組と比べて成績は今ひとつと言える。しかし、本馬は、祖母にJRA重賞5勝のブロードアピールを持つ、成長力が魅力の血統。本番での大駆けが十分に期待できるだけの良血馬だ。

キングカメハメハ産駒のレッツゴードンキ(牝3・梅田智之)は、勝ち鞍こそメイクデビュー札幌(芝1800m)の1勝のみだが、その後の4戦は重賞に挑戦して、すべて3着以内を確保している。近3走はいずれもココロノアイと一進一退の競馬を続けているだけに、実力は引けを取らない一頭と見ていいだろう。折り合い面に少し課題を残しており、今回もスムーズな競馬ができるかどうかが鍵となる。ラストの瞬発力勝負にならないようなペースでレースが展開すれば、今回も大崩れはしないはずだ。

JRA60周年記念 第75回 菊花賞

JRA60周年記念 第75回 菊花賞


3歳クラシック三冠の最終戦として行われている菊花賞。過去10年で、3歳馬の頂点に立ったダービー馬が菊花賞も制した例は2頭しかいない。といっても、過去10年のダービー馬で菊花賞に出走してきたのは、2005年ディープインパクト(1着)、2006年メイショウサムソン(4着)、2011年オルフェーヴル(1着)のわずか3頭。いずれも三冠制覇が懸かっていた馬だった。近年は、距離適性を重視して東京・芝2000mの天皇賞(秋)に挑む馬も少なくない。今年の皐月賞馬イスラボニータが菊花賞トライアルのセントライト記念(今年は新潟・芝2200mで開催)で優勝したあと、陣営は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)への挑戦を表明している。昨年は、キズナがダービー馬として3歳の秋に国際G1・凱旋門賞(ロンシャン・芝2400m、4着)へ挑戦した。これは初めてのケースだったが、今後増えてくる可能性もあるだろう。“強い馬が勝つ”と言われている菊花賞で、今年はダービー馬が貫録を示して二冠を制するのか、その他の春の実績馬がリベンジを果たすのか、それとも、上がり馬が勢いに乗って実績馬たちにひと泡吹かせるのか。京都・外回りの芝3000mで繰り広げられる熱き戦いに大きな注目が集まる。
ワンアンドオンリー

橋口弘次郎調教師の日本ダービーでの戦績は、1番人気でクビ差の2着に敗れた1996年のダンスインザダークをはじめとして2着4回。同調教師に悲願の日本ダービー制覇をもたらした管理馬が、厩舎期待のエリートではなく、2歳8月のメイクデビュー小倉(芝1800m、12着)で13番人気、2戦目の未勝利(阪神・芝1600m、2着)で13頭立ての13番人気と注目度の低かったワンアンドオンリーというのは興味深い。同調教師が「予想以上に勝負根性があることがわかった」と語っていたように、前走の菊花賞トライアル・神戸新聞杯はアタマ差の辛勝でも収穫の大きいレース。同馬がクラシック二冠を達成するようなら、父ハーツクライが2006年に挑戦して3着に敗れた国際G1・キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(アスコット・芝2400m)制覇という、同調教師のもうひとつの悲願達成に向けて、大きな一歩を踏み出すことになりそうだ。

タガノグランパ

祖母タガノターキンの半弟タガノテイオーは、2000年の東京スポーツ杯3歳Sを勝ち、朝日杯3歳S(現朝日杯フューチュリティS)ではレース中に骨折しながらも2着に入った実力馬。「タガノテイオーは無事だったなら、確実にGI を勝てただろう」と語る松田博資調教師にとっても記憶に残る一頭で、カフェドフランスを3代母に持つこの血統からタガノグランパという活躍馬が出たことを喜んでいる。本馬を今春に芝1400mのファルコンS(1着)へ出走させたのは、クラシック参戦に向けて収得賞金の加算を最優先したからであって、デビュー2戦目に芝2000mのラジオNIKKEI杯2歳S(5着)へ出走させたように、早い段階から距離への不安はまったく持っていなかったという。それを証明したのが、前々走の日本ダービー4着、前走の菊花賞トライアル・セントライト記念(今年は新潟・芝2200mで開催)3着。この血統からGI 馬が誕生すれば、同調教師にとって十数年来の悲願が達成することになる。

デビュー当時はクラシックの有力候補とされていたトーセンスターダム(牡3・池江泰寿)。メイクデビュー京都(芝1800m)→オープン特別の京都2歳S(芝2000m)→きさらぎ賞と、京都・芝コースでデビュー3連勝を飾った逸材だ。その後は、皐月賞11着(同着)→日本ダービー16着→神戸新聞杯7着と案外な成績が続いており、陣営が期待していたほどの成長を見せていないが、今回は、きさらぎ賞を制した京都・芝の外回りコースに舞台が替わる。軽い芝を得意としていることを考えれば、巻き返しがあってもいいはずだ。



予想

3連単1頭軸

⑮-⑥⑫⑦①⑩


再検討
3連単BOX

②④⑩⑫⑦

馬名プロファイル
11R 第75回 菊花賞(GI) 出走馬 好走馬の人気傾向など様々な角度から分析!
レースにまつわる様々な傾向を紹介!
菊花賞に至る臨戦過程について好走馬の傾向を分析!
参考レース
第75回 菊花賞(GI)出走予定馬映像

JRA60周年記念 第75回 菊花賞

出走馬情報
3歳クラシック三冠の最終戦として行われている菊花賞。過去10年で、3歳馬の頂点に立ったダービー馬が菊花賞も制した例は2頭しかいない。といっても、過去10年のダービー馬で菊花賞に出走してきたのは、2005年ディープインパクト(1着)、2006年メイショウサムソン(4着)、2011年オルフェーヴル(1着)のわずか3頭。いずれも三冠制覇が懸かっていた馬だった。近年は、距離適性を重視して東京・芝2000mの天皇賞(秋)に挑む馬も少なくない。今年の皐月賞馬イスラボニータが菊花賞トライアルのセントライト記念(今年は新潟・芝2200mで開催)で優勝したあと、陣営は菊花賞ではなく、天皇賞(秋)への挑戦を表明している。昨年は、キズナがダービー馬として3歳の秋に国際G1・凱旋門賞(ロンシャン・芝2400m、4着)へ挑戦した。これは初めてのケースだったが、今後増えてくる可能性もあるだろう。“強い馬が勝つ”と言われている菊花賞で、今年はダービー馬が貫録を示して二冠を制するのか、その他の春の実績馬がリベンジを果たすのか、それとも、上がり馬が勢いに乗って実績馬たちにひと泡吹かせるのか。京都・外回りの芝3000mで繰り広げられる熱き戦いに大きな注目が集まる。
今年は、日本ダービーを制したワンアンドオンリー(牡3・橋口弘次郎)が堂々と登場。断然の主役としてこのレースをけん引することになりそうだ。前走の菊花賞トライアル・神戸新聞杯では、直線半ばで先頭に立ったところを外から伸びてきたサウンズオブアース(2着)に一旦は並ばれたものの、勝負根性を発揮して差し返し、アタマ差の接戦を制した。ダービー馬の底力を再認識させた一戦と言える。初勝利を挙げるまでに3戦を要したように、実戦を経ることで良化を示すタイプで、約4か月ぶりの休み明けを一度使われた上積みは間違いなくあるはず。今回は、すべての出走メンバーが初経験となる芝3000mの長丁場に加えて、逃げ馬がサングラス1頭ということで、スローペースになる公算が大きい。折り合いさえスムーズなら、二冠制覇の確率はかなり高そうだ。

トゥザワールド(牡3・池江泰寿)は、今年の3歳クラシック戦線で、皐月賞トライアルの弥生賞優勝→皐月賞2着→日本ダービー5着→菊花賞トライアルのセントライト記念2着と、好成績をマーク。世代トップクラスの能力を持っているのは間違いなく、三冠最後の一戦で悲願のGI 初制覇を目指す。母トゥザヴィクトリーもGI で惜敗を続けていた馬だったが、今回と同じ京都・芝の外回りコースが舞台のエリザベス女王杯(2001年)で悲願のGI タイトルを獲得。頭の高い走法が母とよく似ている同馬にとって、2戦2勝を挙げている京都・芝の外回りコースは、クラシック制覇を成し遂げるのに最適の舞台と言えるだろう。

前々走の日本ダービーで16番人気の低評価を覆して4着と健闘したタガノグランパ(牡3・松田博資)が、約3か月半の休み明けで臨んだ前走のセントライト記念でも、10番人気の低評価ながら3着に好走。外枠(7枠14番)からのスタートで外を回る形になり、前に馬を置いて壁を作れなかったにもかかわらず、折り合いがついたことは大きな収穫と言えるだろう。ファルコンS優勝、アーリントンC2着、シンザン記念とセントライト記念でともに3着、日本ダービー4着と、コース・距離を問わず、3歳重賞戦線で堅実な成績を残してきた馬。能力的にはここでも上位のものがあるはず。芝3000mの長距離で2度の坂越えを克服できれば、上位進出のチャンスもあるだろう。

サウンズオブアース(牡3・藤岡健一)は、前走の神戸新聞杯で8番人気と評価は低かったが、ダービー馬ワンアンドオンリー(1着)にアタマ差まで迫る2着に好走。菊花賞の優先出走権を獲得した。今春は、皐月賞トライアルの若葉S(阪神・芝2000m)3着、京都新聞杯2着とオープンクラスで上位争いを演じていたが、まだ馬体に芯が入っていない印象だった。ひと夏を越して、馬体の良化と精神面での成長を感じさせた前走の内容から、3歳クラシック最後の一冠で一気に頂点へと駆け上がる可能性を秘めている。

トーホウジャッカル(牡3・谷潔)は、日本ダービーが行われた週の土曜日に京都・芝1800mの未勝利(10着)でデビューした馬。3戦目の未勝利(中京・芝1600m)で初勝利をマークしたあと、500万下(小倉・芝1800m)も連勝。1000万下クラス昇級初戦となった前々走の玄海特別(小倉・芝2000m)でクビ差2着の接戦を演じると、格上挑戦で挑んだ前走の神戸新聞杯では、9番人気ながら、勝ち馬のワンアンドオンリーとタイム差なしでアタマ+アタマ差の3着に好走し、菊花賞の優先出走権を獲得した。他の有力馬と違い、夏場にしっかりと実戦を使われて地力強化を遂げてきただけに、初のGI 挑戦でも侮れない存在だ。

前走の神戸新聞杯で2番人気の高い支持を受けたものの、4着に敗退したサトノアラジン(牡3・池江泰寿)。勝負どころから手応え十分に外を回って進出し、直線で外のワンアンドオンリー(1着)と追い比べを演じたが、ゴール前で息切れした印象で失速。3着馬トーホウジャッカルから3馬身1/2差と決定的な差をつけられたことから、少し評価を下げてしまったようだ。雄大な馬体から繰り出されるフットワークは迫力満点で、高い能力を秘めているのは間違いないが、以前から課題に挙げられていた折り合い面の不安を実戦で露呈してしまった。今回は前走からさらに600mの距離延長。これをクリアできるかどうかが鍵となるだろう。

マイネルフロスト(牡3・高木登)は、前走のセントライト記念で9着に敗れたが、約3か月半の休み明けでの出走で、追い出されてからの反応が鈍かったうえに、舞台が例年の中山・芝の外回りコースから今年は新潟・芝の内回りコースに替わり、忙しい競馬も合わなかった印象。今春の毎日杯優勝、日本ダービー3着の実績は、今回のメンバーの中では上位の存在。馬場が広くて直線が長い京都・芝の外回りコースに替わり、スムーズな競馬ができれば巻き返せるはずだ。

今春にダービートライアルの青葉賞を制したショウナンラグーン(牡3・大久保洋吉)は、直線一気の戦法を得意としている。前走のセントライト記念で8着に敗れたが、この馬も新潟・芝の内回りコースが合わなかったようだ。馬場が広くて最後の直線で馬群がばらけやすい京都・芝の外回りコースなら、この馬の持ち味である鋭い末脚が活きるはず。前々走の日本ダービー(6着)で、メンバー中最速の上がり3ハロンタイム(33秒9、推定)をマークした末脚は侮れない。

ワールドインパクト(牡3・友道康夫)は、前走のセントライト記念で7枠13番からスタートした直後に左右の馬に挟まれて最後方からの競馬となり、直線で馬群の大外から追い上げたものの、勝ち馬のイスラボニータから0秒8差の10着に敗退。スタート直後のアクシデント、レース展開、新潟・芝の内回りコースに対する適性のそれぞれが大きく影響した印象だけに、実力負けではないはず。デビュー戦から6戦目の青葉賞(2着)までは、2勝2着4回で連対率100%という安定感十分の成績を挙げていた馬。折り合いに不安がないタイプで、前走から800mの距離延長は問題ないだろう。直線で抜け出すとソラを使って気を抜く面があるだけに仕掛けどころが難しいが、秘めた能力はここでも通用するはずだ。

ヴォルシェーブ(牡3・友道康夫)は、今年2月の500万下・セントポーリア賞(東京・芝2000m)をクビ差で制したあと、4か月の休養明けに加え、古馬との初対戦となった前々走の1000万下・芦ノ湖特別(東京・芝2400m)で優勝し、3勝目をゲット。夏場は放牧でリフレッシュを図られ、秋の始動戦は菊花賞トライアルの神戸新聞杯。大外8枠16番からのスタートで後方を追走し、勝負どころから馬群の外を回ってポジションを押し上げたが、直線でじりじりとしか伸びず、5着まで追い上げるのが精一杯だった。約3か月の休み明けが影響しての敗戦という印象で、一度使われた効果が出て、追われてからの反応も良くなってくるはず。芝2400mの芦ノ湖特別を外から差し切る強い競馬で勝っている馬だけに、芝3000mに距離が延長される今回も十分こなせるだろう。

デビュー当時はクラシックの有力候補とされていたトーセンスターダム(牡3・池江泰寿)。メイクデビュー京都(芝1800m)→オープン特別の京都2歳S(芝2000m)→きさらぎ賞と、京都・芝コースでデビュー3連勝を飾った逸材だ。その後は、皐月賞11着(同着)→日本ダービー16着→神戸新聞杯7着と案外な成績が続いており、陣営が期待していたほどの成長を見せていないが、今回は、きさらぎ賞を制した京都・芝の外回りコースに舞台が替わる。軽い芝を得意としていることを考えれば、巻き返しがあってもいいはずだ。

ハギノハイブリッド(牡3・松田国英)も、京都・芝の外回りコースで行われた重賞の京都新聞杯を勝っている実績馬。前走の神戸新聞杯では4コーナー11番手から直線で思ったほどの末脚を使えず6着に敗れたが、直線が平坦な京都・芝コースに替わる今回は一変する可能性もありそうだ。

ゴールドアクター(牡3・中川公成)は、今夏に札幌競馬場の芝2600mで行われた500万下→1000万下の支笏湖特別を連勝。距離が延びて真価を発揮してきた馬だ。今春の青葉賞で勝ち馬のショウナンラグーンから0秒1差の4着に入っているように、重賞でも通用する力があることは証明済み。芝3000mへの距離延長を味方に大駆けを見せても驚けない。

JRA60周年記念 第75回 菊花賞

未知の距離への適性が問われる波乱含みの3歳クラシック最終戦!

「JRA60周年記念 第75回 菊花賞」
2011年以降の菊花賞では、いずれも単勝オッズ1倍台の圧倒的な支持を集めた馬が優勝を果たしている。もっとも、21世紀に入ってからの優勝馬13頭中、単勝オッズが2倍未満だったのはここ3年の勝ち馬と2005年のディープインパクトの計4頭のみで、単勝オッズ10倍以上の伏兵馬が7頭と過半数を占めている。出走するすべての馬にとって未知の距離である京都・芝3000mが舞台となるだけに、波乱の決着も珍しくないレースだ。
売上ランキング
  • ライブドアブログ